« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

深夜まで大騒ぎ

0061231_1大晦となった。

前の家で使っていた無線LANが異様に遅いので、段ボールを探して、新潟で使っていた無線LANルーターを探し出して交換したところ、一気に5倍ほど回線速度が上がった。

荷物が少し片付いたので、最後に残ったWinPCをセットした。これで家の中のパソコンは全部稼働状態になった。電力線LANの装置が、親子一セットで二万円を切っているようなので、気持ちが動いている。

夜は、子供の友達がきてパーティーとなった。深夜まで大騒ぎ。子供が、きたきつねの大好きなモーゼルの「シュバルツ・カッツ」を買ってきてくれたので、つい全部飲んでしまった。うちの「シャ・ノワール」と「シュバルツ・カッツ」の黒猫そろい踏みの写真を撮った。

暮れの二七日に友人のお父さんが挽いたひきぐるみのそば粉を貰ったので、年越しそばを十割で打ってみた。風味の良い真っ黒な田舎蕎麦ができた。ひきぐるみのそば粉は、市販では手に入らないので、初めての経験だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/30

今年も残り二日

061230_1少し寒気がゆるんだようだ。昨日は京都や愛知で雪が降って、帰省の足に影響が出ている。東北、北海道は雪マーク。

年賀状を郵便局に持っていった。郵便局前の道路に袋を持った高校生のアルバイトらしい男の子が、車で来た人から年賀状を受け取っていた。駐車場が狭いので、渋滞を避けるための苦肉の策だろう。

何度も書いているが、毎日、毎日殺人事件が起こっている。実に簡単な理由で人を殺していることが多いような気がする。一人殺したくらいでは、死刑にならないというのはおかしいと思う。

逆に、飲酒運転の罰則と取り締まりが厳しくなったためか、交通事故死が減ってきている。火事の多くがタバコが原因といわれているけれど、交通事故も飲酒が原因のものが多いのだろう。

引っ越し荷物の片付けが続いている。まだ、知らない場所が多くて、少しずつ散歩しながら探査している。

常磐線沿いに建て売り住宅ができている。同じ形の家が並んでいる。酔っぱらって帰って、自分の家を間違ってしまいそう。昔、10階建てのアパートに住んでいたとき、酔っぱらって真夜中に一つ上の階の部屋のピンポンを押して、ドアの前でまっていたことがある。同じ色のドアが並んでいると、どこが我が家か分からなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/29

典型的な冬型

061229_1西高東低の典型的な冬型の気圧配置で、等圧線の間隔が狭いので、寒くて、今日も風が強い。横風で、車のハンドルが取られるほどだ。

夜中は風がなかったのか、放射冷却で家の北側に霜柱ができていた。

年賀状を一生懸命書いてなんとか書き終えることができた。引っ越しの時に愛用の万年筆をすぐ使えるようにと、別にしたのが失敗でどこかに紛れてしまった。仕方が無いので、無印の万年筆を探し出して、モンブランのブルーブラックを入れて使った。やはり万年筆は疲れない。

年賀状を終えて、部屋の片付けをした。何とか床が少し見えるようになってきた。年内に片付け終わるのは無理のようだ。それにしても、貧乏性でゴミを捨てることができない性格というのは、無限にものが増えるということだ。

だいたい二年以上使わないものは、不要なものなのだろう。でも、あったらいつか使うことがあると思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/28

区切りがなくなってしまっている

061228_1年の瀬も押し詰まり、御用納めになった。昨日の低気圧の余波で風が強い。

新しい通勤経路に、神社がいくつもある。市の台に三日月神社という珍しい名前の神社があった。月読命を祭っているらしい。つくば市内の吉瀬にも三日月神社があるらしい。

年々、御用納めといっても普通の勤務状態で、大昔のように昼からお神酒がでるようなことは無くなった。なんとなくいろいろな事や時間に区切りがなくなってしまっているような気がする。

お正月も、コンビニだけでなく、無休のスーパーがあったりして、国民の祝日でみんなお休みということもなくなってしまった。家族がそろってゆっくりと団らんするという風景は、稀になってしまったようだ。

時間がなくてできなかった、年賀状にようやく取りかかることができた。必死で300枚印刷して、宛名を書き始めたが、150枚で挫折。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/27

強風警報

061227_1昨日の雨は朝までに上がって、天気が良くなった。

今日は東京の昔勤めていた会社に、年末の挨拶をかねて、新しい仕事について情報収集にいってきた。

有楽町まで歩いて、山手線を待っていたら、「次の列車には乗れません」というアナウンスがあって、試運転の列車が入線してきた。

なんだか、デコレーションしているようだと思ってみていたら、車体に斜めに大学名が書いてある。何だろうと思ていたら、はっと気がついた。箱根駅伝の参加大学の名前だった。

正月の箱根駅伝のイベント列車のようだ。プラットフォームの端で一旦停止したので、鞄からデジカメを取り出して、最後尾を撮影した。

山手線の中で、ドアの上のディスプレーを見ていたら、強風のために、各地で列車の運休や遅延が起こっているようだった。

上野の常磐線のホームに向かったが、高萩から先は運休になっているらしく、列車も遅延しているようだった。30分前に発車しているはずの快速に乗って少し待って、発車した。

途中、減速や一旦停止などがあった。駅に降りたけれど、風が強い。アメダスのつくばを見てみると、平均風速が10メートル以上の風が吹いていたので、瞬間最大風速は相当強い風が吹いたのだろう。

まだ年賀状に取りかかっていない。年内は無理なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/26

iMac復活

061226_1_1 一日、風を伴った猛烈な雨が降った。雨が窓に当たる音が「パチ パチ」とうるさかった。

iMacのトラブルを解決するために、「Drive Genius」を買ってきた。でも、「修復に失敗しました」という表示が出て、どうにもならなかった。

IEEE1394接続のミニHDDがあったので、それをつないで、NortonでOS9で起動すると、HDDが見えるようになったので、iMacのHDの必要な部分をコピーするとうまくいった。さすがNorton先生、頼りになる。

それから、OSXを再インストールして、OS9を追加して、バックアップファイルを戻して、再起動すると復活することができた。

iMacは、かみさんが無理矢理再起動したりしていたので、おかしくなったのだろう。家計簿ソフトも何事も無かったように動いて、ファイルも無事だった。

今度の家は、無線LANにしたので、AirMacを入れていないiMacはネットワークに繋がらないので、昔使っていた、イーサネットコンバーター(WLI-T1-S11G)というのがあったので、つないでみたけれど、うまく繋がらない。

このイーサネットコンバーターは、古いのでWindowsしか対応していないので、Winのノートパソコンで、設定してからiMacにつなぎ直して、ようやく繋がった。それにしても遅いし、感度が悪いのか時々繋がらなくなるみたいだけれど、なんとかなるだろう。

OSとソフトのアップデートをして全て完了。

10年以上前から恒例になっている野鳥ミニカレンダーは、何とか年内に完成できて、発送を終わることができた。クロネコメール便ができてから、送料がずいぶん安くできるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/25

iMacとの戦いは続く

061225_1上弦の月が、薄曇りの空にかすんで見える。明日は雨になるようだ。

松の木の幹に、松脂が垂れていた。この中に虫が閉じ込められて、地下に埋もれても、琥珀になることはないと思うけれど、不思議ときれいだ。寒くなってきたので、木の割れ目などに虫が潜り込んでいる。

iMacは、OSの再インストールを受け付けてくれない。ディスクを初期化したくないので、悪あがきをしている。

OS9で起動してNortonでもだめで、他のソフトで修復しろといってくるし、ディスクウォリアで修復し始めたけれど、猛烈に時間がかかっていて、いつ終わるのだろう。

今日午前に、1年3ヶ月ぶりに4名の死刑が執行された。一人は地裁の死刑判決から30年近く死刑執行されていなかったようだ。刑罰として死刑があるのだから、死刑確定後素早く死刑執行すべきだろう。

死刑廃止論があるようだけれど、殺された人や残された家族のことを考えると、凶悪な殺人犯を罰するには死刑しか無いと思う。それにしても、悪質な自動車殺人が、業務上過失致死などといういいかげんな罪状になるのは納得できない。

夕張市でボーナスが出たというニュース。ニュースにすることもないと思うけれど、このことを記事にしたのは、「市の財政が左前なのにボーナスなどだして何を考えている」ということをいいたいのか、「職員も給料の減額など非常に厳しい状況にあって気の毒」ということのどちらだろうか。

給料や退職金が段階的に大幅に減額されるというので、希望退職者が予定よりも多くなっていて、行政レベルが維持できなくなることが心配されている。夕張市だけでなく、日本全国に同じような状況に陥る可能性がある市町村がいくつもあるし、日本という国自体もそれほど楽観できる状態ではないから、他山の石としなければいけないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/24

まだ荷物が片付かない

061224_1天気が良いと太陽の暖かさがうれしい。最低気温が零度を切って、霜が降りてた。土浦市内の最低気温はつくば市内よりも2度ほど高いようだ。やはり霞ヶ浦の湖水の影響が大きいのだろう。

正式な牛久市民になって、一週間になる。知らない街ではないし、特に変ったことはない。通勤距離が、200m位しか変らないというのが面白いと思ったくらい。それにしてもまだ荷物が片付かない。

牛久市のシンボルは「カッパ」で、夏にはカッパまつりがあるようだ。市の鳥は「ウグイス」で、茨城県の市町村の三分の一くらいがウグイスだから芸が無い。その点、つくば市は知の鳥「フクロウ」で、筑波学園都市としてふさわしいと思う。

ひたち野うしく駅近くに西友ができたけれど、開店して数日は周辺が大渋滞していたけれど、数日で静かになった。平均的に販売価格が高めというのが分かって、以前からあるカスミに客が戻ったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/23

ノロウイルスの脅威

一向にノロウイルスによる食中毒が治まる気配がない。

調べてみると、ノロウイルスが感染に必要なウイルス量は数十個なので、ノロウイルスは感染しやすいウイルスのようだ。感染者の吐瀉物には、1グラム当たり百万個オーダーのウイルスが含まれていて、便では億オーダーらしい。

だから、どこかのホテルでは、ノロウイルスの感染者の吐瀉物を掃除した跡に残ったわずかな残滓が乾燥して空中に浮遊して、感染が広がったというのは理解できる。

ノロウイルスの感染症は、比較的短時間で回復するけれど、便からは一週間程度検出されるので、症状が良くなったといっても、周囲の人は注意が必要だろう。

やはり手洗いは励行しなければいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つくば生クリームセンター

061223_1天皇誕生日。昭和33年の今日、東京タワーが東京・芝公園に東京タワーが完成した。今朝は冷え込んで、外は霜で真っ白。荷物を整理したが、なかなか進まない。今夜は旧暦11月3日で、きれいな三日月が沖天にかかっていた。

前の家は、自分で掃除と修理しなければいけないので、網戸の張り替えをした。

つくば市内を走っていて、前を走っていた車をみると後ろに「つくば生クリームセンター」と書いてあった。クリスマスが近いので、生クリームをお菓子の工場に運んでいるのかなと思っていたが、帰って調べてみると、牛乳の宅配業者だった。紛らわしい名前だ。

本当に日本は物騒な国になってしまった。毎日、殺人事件のニュースが続いている。殺人を犯しても、死刑になることはまれで、想像する以上に刑が軽いような気がする。つい「デスノート」があればと思ったりするのは、いけないことだろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/22

職場の忘年会

今日は、冬至。一番日が短くなったので、明日からはどんどん日が長くなる。でも寒さの本番はこれからだから、真冬の入り口。

今日は新しい職場の忘年会に参加することになった。忘年会シーズンということで、会場は満杯状態。狭い部屋に30人近く入ったので、鍋が煮えてくる頃には、暑くなった。とりあえずビールは、「スーパードライ」。どうしてまずい「スーパードライ」ばかりなのだろう。直ぐに日本酒に切り替えた。沢山飲まないのだから、旨い酒が飲みたい。

背中に何か当たって、暖かくなったと思ったら、お運びのおねいさんが、お盆の吸い物の椀を何個も背中に落としてくていた。背広を着ていたので、暖かい程度で済んだけれど、ワイシャツになっていたら、火傷したかもしれない。忙しくて、狭い場所で大変だろうけれど、注意してほしいものだ。

今年は年末までいろいろなものが当たるので、宝くじの3億円も当たるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/21

ネットワークが繋がった

曇り。ようやくネットワークの工事が終わった。今回は30MのCATV回線で少し早くなったかな?という感じ。前の家で使っていた無線LANをセットして、環境設定を完了した。

前の家は鉄筋コンクリートだったので、繋がらない部屋があったけれど、新しいところは木造なので、どこででも快適にネットに繋がるようになった。

お椀型のiMacG4は、AirMacカードが無いので、イーサネットコンバーターをかませたけれど、うまく繋がらない。それよりAirMacはWEPのパスワードが40bitと128bitなので、64bitのネットのパスワードを入れたところ、再起動できなくなってしまった。

インストールCDで、FirstAidをかけてみたところ、「キー不正」と赤字ででて、うまく修復できない。「他のソフトで修復してみてほしい」というコメントが出てしまった。

さて、困ったことになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/20

旧暦11月朔日

061220_1今日も曇り空。旧暦11月朔日。

午後の会議を抜け出して、東京に出張。つくばエクスプレスの駅に、「Sawawa」という沿線情報誌があった。正月の初詣特集だった。フリーペーパーだけれど良くできている。

プレゼンをしたけれど15分が、結局時間オーバーで30分になってしまった。ちゃんと15分になるようにパワーポイントを用意していったけれど、開始直前に急に追加のリクエストがあって、慌てて図を追加したのがいけなかった。

終了後、懇親会。飲まないつもりが、ビールから焼酎になって、ロックで芋焼酎「山ねこ」、麦焼酎「百年の孤独」と飲んでしまった。酔って、混雑した電車に乗るのは辛い。

青島幸男さん、岸田今日子さん、カンニングの中島忠幸さんなど今日は訃報が多い。合掌。

カンニングの竹山は、一人で頑張っていたけれど、中島が入院中も自分の出演料を半分渡していたというのを聞いて、竹山を見直してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/19

クラウドソーシング

061219_1最近、雨が降らないけれど、曇り空が続いている。昼頃に北風になって、寒くなった。

韓国のスタバのコーヒーを貰った。ハングルのシールを貼っただけで、日本製かもしれない。スタバは、この瓶コーヒーで二度目。

また新しい言葉を採取した。「クラウドソーシング(Crowdsoucing)」という言葉で、「群衆にアウトソーシングする」という意味だそうだ。仕事を部品に分けて、群衆に振り分けて委託すると、個々の人の報酬は微小だけれど、数が集まれば一定の成果が得られるという意味らしい。

これまでも、LinuxやOpenOfficeなどオープンソースのソフト開発などは「クラウドソーシング」の一つではないかと思うけれど、違うだろうか。それよりも昔からある、内職というのはクラウドソーシングだろう。

この言葉は、流行るだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/18

引っ越し二日目

061218_1引っ越し二日目。休暇をとって、段ボールを片付けたけれど、なかなか終わらない。何せ、きたきつねの分だけで60箱以上もあるので、1週間以上かかるだろう。

新しい家の周りの家は、クリスマスのイルミネーションで飾られているので、夜になるときれいだ。最近は、クリスマスのイルミネーションを飾るのが流行しているようで、どんどんエスカレートして、クレーン車を呼んで飾り付けたり、イルミネーションを点けるとブレーカーが落ちるので、契約電気量を増やしたり、電気代が5万円を越えるといったこともおきているらしい。最初は子供のために始めて、だんだんと大人が熱中するというパターンのようだ。

ホームセンターには、各種のイルミネーションが売られていて、大きいものだと2万円以上するものもある。

きたきつねは、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/17

ここにもMacintosh

061217_2とうとう引っ越しの日になってしまった。午前7時に引っ越し業者がきてくれて、荷物を運び始めた。

腰の悪いきたきつねは、荷物には一切、手を出さないことにしてゴミを整理していた。

スチール物置を解体するのを頼んだ友達が、軽トラックを持ってきて、物置をそのまま運んでくれた。

引越しは順調に進み、三時過ぎに完了した。引っ越しをしてくれた「キャメル引越センター」のスタッフは、丁寧な仕事ぶりだった。これまで何度も引っ越しをしたけれど、一番満足できる仕事ぶりだった。帰りに、下駄箱の上にポインセチアの鉢植えをプレゼントしてくれた。

見積もりを取った業者の中で、一番安かったので、期待していなかっただけれど、やはり地元の業者を選択して正解だったようだ。

061217_1 引っ越し蕎麦代わりに、お菓子を持っていこうと、つくば市内の「コートダジュール」に行ってみた。これが、駐車場も店内も大混雑だった。

レジをよく見ると、iMacが使われていた。オシャレな洋菓子店には、Macintoshが似合っていた。

疲れてしまったので、夕ご飯は、近いというだけで「ばんどう太郎」にいってみたけれど、これが分けも分からず長時間待たされた。以前、別の店で失敗だったことを忘れていた。なんときたきつねは学習効果のないことか。フロアースタフは忙しそうにしているのだけれど、何かシステムに欠陥があるのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/16

引っ越し前夜

061216_1明日は引っ越しというのに、まだ荷物が整理できていない。毎日少しずつ荷造りしていたのだけれど、なんというか、澱のように荷物が溜まっているので、段ボール箱に片付けても片付けても出てくる。

もったいないと思うからいけないのかもしれない。押し入れから、30年以上前の独身寮の時に買ったVictorのラジカセが出てきた。カセットレコーダーは壊れてしまったので、ラジオとして使っていたけれど、もう退場してもらうことにした。

結局、荷造りは夜中までかかって、しまった。ケーブルモデムを外したので、当分ネットにはつながらなくなってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/15

香取市「風土村」

061215_1昨日の雨も上がって、日が射していた。

所用で千葉県香取市まででかけた。途中、昼食を食べようと探したところ、産直の店「風土村」というところがあったので、よって見た。

中に、レストランがあったので、入ってみた。980円のバイキングで、地元でとれた野菜を使った料理が並んでいた。

いろいろな料理を食べてみたいと思って、少しずつ食べたけれども、すぐに満腹になってしまった。味も良く、地元の人が沢山来ていたので、はやっているようだ。

061215_2 形が悪くて出荷できない野菜などを有効利用できるので、低コストにできるのだろう。壁のチラシを見ると、明日16日から値上げになって、平日1000円になるらしい。

店内には、野菜、肉など地元の農産物を中心に販売していた。特に総菜コーナーで作っていたベーコンの丸焼きは、試食したけれど旨かった。

噂の「銚子電鉄のぬれ煎餅」があったの買ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/14

八勿の訓

今朝、きれいな朝焼けだった。午後から雨になってしまった。

元禄15年12月14日は赤穂浪士による吉良邸打ち入りの日だけれど、本新暦に直すと1703年1月30日になるから、ずいぶん違う。新暦1月末だと雪が降ってもおかしくない。

松坂大輔のレッドソックス入りの代理人による交渉が時間切れ近くなって、進んでいるようだけれど、交渉ごとは利益だけで進めると、後で決して良い結果とならないような気がする。

きたきつねが、交渉ごとに臨む時に渡辺華山の『八勿の訓』を参考にしている。『八勿の訓』をいつでも見ることができるように、カードケースに入れて引き出しに入れてある。

いつ読んでも、何事も本質は変わらない。

一 面語の情ニ常を忘スル勿レ
  (直接面談しているとき、その感情に流され平常心を忘れるな)
一 眼前の操廻シに百年の計を忘スル勿レ
  (現在、只今のやり繰りに、百年の大計・長期展望を忘れるな)
一 前面の功を期シテ後面の費を忘スル勿レ
  (目の前の収益を取ろうとして、後の費用がかかることを忘れるな)
一 大功ハ緩にあり機会ハ急にありといふことを忘スル勿レ
  (大きな功績はゆっくり積み上げてゆくものだが、チャンスは急にくる
   こと を忘れるな)
一 面ハ冷ナルを欲シ背ハ暖を欲スルト云ヲ忘スル勿レ
  (表面は冷静でありたいが、心は暖かでありたいことを忘れるな)
一 挙動を慎ミ其恒ヲ見ラルル勿レ
  (行動を慎み、自分の本心を見破られないようにしろ)
一 人を欺かんとスル者ハ人に欺ムカル不レ欺ハ即不レ欺レ己といふ事を
  忘スル勿レ
  (人を騙そうとする者は騙される。偽らないということは、自己を偽らな
  い 意味であることを忘すれるな)
一 基立テ物従う基は心の実といふ事を忘スル勿レ
  (基本が立てば、後は皆それに従う。基本は誠実であることを忘れるな)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/12/13

桃栗三年、柿八年、柚の大馬鹿十八年

061213_1曇り空で今にも降りそうな空だ。TBSラジオのスタンバイで、お天気キャスターの森田さんが、「この時期の天気を『山茶花つゆ』という」といっていた。でも、彼のいうことだからちょっと眉につばを付けて聞かなければいけないみたい。

朝の散歩で、コナラの木の幹から、白い泡が吹き出していた。匂いを嗅いでみると、酒の匂いがしている。カミキリムシの開けた穴にしみ出した樹液が、発酵して泡が吹き出してきたのではないだろうか。嘗めてみようかと思ったけれど、木屑などが混じっていて汚らしいので、やめた。空気中には酵母があるので、偶然樹液に入り込んだのだろう。

「桃栗三年、柿八年」ということわざは知っていたけれど、「桃栗三年、柿八年、柚の大馬鹿十八年」というのは知らなかった。

果樹は、種から育てると、実のなるまで時間がかかる例えなのだけれど、柚は根が深く、広く張るために、一人前になるまで時間がかかるらしい。

寒くなって鍋がおいしい季節になった。鍋には、「寒ずり」か「柚こしょう」が薬味に欠かせない。「柚こしょう」は、青柚と青唐辛子と塩で作るので、胡椒を使っている訳ではない。九州では、唐辛子を胡椒とよぶことがあるらしい。

「寒ずり」もいいけれど、「柚こしょう」も旨いものだ。

昼休みに、K's電器に行ってAppleWorksを8,800円で買ってきて、MacBookにインストールした。使ってみると問題なく使えたので、これでカレンダー作りができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/12

AppleWorksがない

朝から雨模様で、気温が上がらない。

今年も恒例の野鳥カレンダーを作ることにして、去年のカレンダーのファイルを開こうとしたところ、開かない。 おやっと思って、MacBookのアプリケーション・フォールダーを調べてみると、AppleWorksがない。

十年以上前から、クラリスワークス、アップルワークスと使ってきているので、当然MacBookにも入っていると思ったのに、驚いてしまった。一縷の望みで試用版のiPageで開いてみたけれど、拒絶されてしまった。 慌ててAppleのサイトを調べたところ、製品版は売られているけれど、古いバージョンでIntelMac用のバージョンは作られていないようだ。

重い画像が入っているので、iMacG4やiBookG3では重くてとても疲れる。それで、新兵器のMacBookで編集しようと思ったので、困ったことになった。

iLifeというのは、個人の生活に必要なソフトがそろっているはずだけれど、ワープロやドローのソフトがないというのは、なんとなく片手落ちのような気がする。家庭でお母さんが、PTAの通信や生協の案内を作ろうと思うと、試用版のiPageを使って見なさいということになるのだろうか。

AppleWorksは、簡単便利でかみさんもiMacで自治会や生協のチラシを愛用していたし、ちょっと寂しい感じになった。 調べてみると、AppleWorksは9,240円で売っているらしい。でもiPage6の入ってるiWorks6は、8,800円とお安くなっている。といって、使ったことのないiPageで、カレンダーを一から作るとなると大変だし、悩んでしまった。仕方がないので、明日買ってくることにした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/11

レンコンの収穫が最盛期

061211_2毎日、気温が下がったり、上がったりと体調管理が難しい日が続いている。今日は過ごしやすかった。

朝の散歩で、木の幹の窪みにヨコヅナサシガメの幼虫が集まっていた。寒さを避けているのだろう。探してみると、コースの何本かの木で見つけることができた。鳥に食べられないのだろうか。

土浦名物のレンコンの収穫が最盛期を迎えているらしい。レンコンは周年出荷しているようだけれど、この時期は正月料理向けの出荷で、値段も良いらしい。

茨城県のレンコンの生産量は日本一で、霞ヶ浦周辺には蓮田が沢山ある。春と秋にはこの蓮田に、渡りの途中のシギ・チドリが入るので良く行くけれど、冬には行ったことがない。今はドライスーツを着て作業するらしいけれど、冷たい水の中での作業は大変だろう。一度、作業の邪魔にならないように、見学にいってみようと思う。

ニュースを聞いたので、昼休みに、札幌の恩師宛に生協でレンコンを送ってきた。喜んでもらえるといいけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/10

ドアを直す

061210_1朝から用事でお出かけ。用事を済ませて、買い物をしていたら昼になってしまったので、通り道にあった「ラーメン麺'Sクラブ」で『岩塩ラーメン』を頼んでみた。

きたきつねはどちらかというと塩ラーメンが好みなので、ちょっと変った塩ラーメンがあると食べることにしている。びっくりするような味ではなかった。といって、決してまずい訳ではなく、ちょっとスープが濁った普通の塩ラーメンだった。

買い物に寄ったホームセンターに宝くじ売り場があったので、窓口で「三億円ください」といって年末ジャンボを買ってきた。気分はもうあたった気分。きたきつねは、人生で三度目の宝くじ購入になる。だいたい、二百五十万分の一の確率というのは、ほとんどあり得ないということだから、普通は買う気にならないけれど、今回は厄落としの意味で買ってみた。

061210_2 家に帰って、娘がドアにあけた穴を修理した。ドアを外して、ノブなどの金具を外し、ドアの穴に木工用パテを埋めて、乾燥した後、パテの凸凹をドアの表面と同じになるように紙ヤスリで削って平らにしてから、木目の粘着シートを貼り上げて完成した。

木工用パテも昔と違い水性のものがあった。水性でも、速乾性で、乾いてもやせることがないし、においもないので扱いやすかった。

061210_3 粘着シートは、少しずつ裏紙を剥がしながら、空気が入らないようにゆっくり貼るのがこつのようだ。小さな気泡だったら、針で穴を空けて空気を抜くことができるけれど、沢山だと穴が目立つので、空気を入れないことだ。

あまりにもうまく貼れたので非常に気分が良かった。仕事に困ったら、リフォーム専門の便利屋でもやろうかな。

ホームセンターには何でも売っていて、家一軒くらい簡単にできてしまうようだ。実際、業者さんも材料や工具を買いにきているのを見ることがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/09

Start Mac体験モニター座談会

Start Mac体験モニター座談会は、2グループに分かれて実施になった。きたきつねのグループは10名で、大多数がマックを使ったことがあるということだった。ヘビーユーザーは数名?。北海道の帯広や、関西方面からの参加者もいて、交通費が自費なので大変だろう。

今回の参加者の中で、きたきつねは、どうも最年長のようだった。ちょっと場違いではと思ってしまった。

5名ずつのグループに分かれて、テーマ毎に話をして、大きな紙にメモして、全員の前で発表するという方法だけれど、なんだか効率が悪い感じだった。Macに、それぞれ違う見方をしていて面白かった。

最後に、MacのCFについての意見交換をして座談会は終わった。その後、GarageBandのデモを見せてもらった。きたきつねは音楽の才能はないし、楽譜もちゃんと読めないけれど、なんとなく使ってみたくなった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

つくば&都区内フリーきっぷ

061209_0朝から雨。気温はそれほど寒くなかった。

今日はStart Mac体験モニターの座談会があるので、つくばセンターから高速バスで東京に出かけた。

新しい「つくば&都区内フリーきっぷ(2000円)」という高速バスとJR連絡きっぷがでたので、使ってみた。

都区内フリーきっぷは、葛西臨海公園、小岩、金町、蒲田まで行けるので非常にお得だと思う。

JR、地下鉄、都バス、都電が使える「東京フリーきっぷ(1580円)」というのがあるけれど、普通は使いきれないと思う。

フリー切符は、駅の構内を通り抜けるというの使い方ができるので便利だった。

061209_1 座談会は、東京オペラシティーのApple本社で開催ということで、新宿から京王新線で初台にでた。

巨大なクリスマスツリーを巨人が見上げていた。

51階のApple本社の窓の外は、ミルク色で下が見えなかった。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/08

2007年問題はあるか

ベビーブーマーが定年退職するということで、2007年問題と退職者を対象としたビジネスの話が喧しい。

退職金を狙って、物販、旅行などの商品の広告が多くなってきたようだし、雑誌やWebサイトも増えてきているようだ。

日経ビジネスの12月4日号の特集で、「時活族」というのがでてきた。60歳から80歳まで睡眠時間などを除いて、過ごさなければならないのは一日14時間で総計10万時間あるので、それを取り込んだビジネスを紹介している。喫茶店や書店でただ時間を浪費するという人がそれほど多くなるということだろうか。

2007年問題に関しては、60歳で退職した人が全て社会から消えてしまう訳ではないのに、あたかも一瞬にして職場から消えるようなプロパガンダはおかしい。

これまでの退職者と同様に、働く意欲のある人、技術を持っている人は、職場にとどまるにちがいない。特に、技能者を社会がほっておく訳がないだろう。以前、某レンズメーカーが、退職したニコンの技術者を採用して、一気に品質が向上したという話を聞いたことがある。大企業の技術者が中小企業に再就職していくということで、技術が生かされるだろう。

大体において、マスメディアは騒ぎ過ぎ。コンピュータの2000年問題の時も、大山鳴動してネズミが一匹も出なかったではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/07

無能なるが一能なり

061207_1今日は二十四節気の「大雪」。曇り空で朝から非常に寒い。

窓が冷えているので、暖房していても体感温度が上がらない。

詫び茶の武野紹鷗に「茶湯者は無能なるが一能なり」ということばがある。「あれこれ手を染めて多能であるよりも、ただ茶の湯に専心しろ」という意味らしいが、何にでも興味があって、本当は無能なんだけれど、あれこれ手をだしてしまうきたきつねには耳が痛いことばだ。

オフィスのディスプレーの下から、上越からつれてきた、キツネとタヌキがこちらを見いている。本当に良くできている。

53時間に及ぶココログのメンテナンスは終わったけれど、データ保存のレスポンスは相変わらずだし、何が変ったのかよくわからない。調べてみると、メンテナンスしたけれど、原因不明でレスポンスが悪化してしまったので、前の状態に戻したらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/06

韓国旅行土産

061206_1先週からの疲労が重なっているためか、夕方になると猛烈に眠くなってしょうがない。天気が良いので朝晩の冷え込みが厳しい。

韓国旅行土産の「POLO」を貰った。韓国ウォン高で、物価が相当高い感じがするらしい。以前はウオンを10分の1にすればよかったけれど、今は8分の1ということで2割もあがっているらしい。韓国経済に勢いがでてきているということだろう。

ココログのメンテナンスはまだ続いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/05

パソコンの設定

ココログのメンテナンスのために、7日まで書き込みができなくなってしまった。
今日は旧暦10月15日満月。晴れた空に真ん丸のきれいなお月様が見えていた。

新しいオフィスに届いた荷物を開けて、ルーターとパソコンの設定を終えて、面倒なウエッブメールから、気楽にメールが読めるようになった。

プリンターを注文したけれど、当分ちょっと離れた部屋にある共有のプリンターに出すことになった。

列車への飛び込み自殺、親殺し、子殺し、虐待などいやなニュースが毎日のようにある。大体、生後22日の我が子を、泣き声がうるさいと、布団に何度も叩き付けるなどいう親がいるというのが信じられない。

赤ん坊は意思表示は、泣くことしかないし、完全に保護しなければいけない存在なのに、どこかおかしくなっているのではないだろうか。

夕方、整形外科にいってを外してもらった。針を外す道具は、「ホチトル」に似た形状で、パチン、パチンと外してくれた。痛みはほとんどなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/04

Safariはどうも

061204_2 MacOSのSafariはどうも相性が悪いようだ。どうしてか、特定のSift-JISのページが文字化けする。文字の自動判別がうまくいかないようだ。以前もiMacでも同じことが起こっていて、結局FireFoxを使うことにした。

それとSafariは、FireFoxのようなタブブラウザーにすれば良いのに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今年の運は打ち止め?

061204_1早朝、布団の中で地震を感じて目が覚めた。たぶん震度1位だろう。今朝は冷え込んでいて、霜が降りていた。空気が冷たい。

牛久市役所に転入の手続きをしにいったけれど、住民票と印鑑証明をもらうのになんと2時間近くかかった。どうしてそんなに時間がかかるかわからない。1時間位待って窓口に聞きにいったところ、「もうすぐです」といわれてから30分待たされて、さらに下水の手続きの説明だとか、国民年金の手続きの話など、結局その場で解決できなくて後日というようなことで時間がかかった。警察で免許の住所変更は順調だったけれど、結局東京にでる時間が遅くなり、昼抜きになってしまった。

怪我した時の次の日の病院で、傷を見るだけで二時間待ちといい、忙しいのに待たされたりと、このごろついていない。MacBookのモニター当選で今年の運をすべて使い尽くしたようだ。

年末ジャンボ宝くじを買おうと思ったけれど、やめた方が良いようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/02

iPhotoを使う

昨日の夜から、iBookG3とiMacG4の環境をネットワークで移し始めた。自宅は以前から無線LANを使っていて、IEEE802.11g/bで接続できる。でも、iBookG3のAirMac カードは11bなのを忘れていて、書類に入っている6.3Gのファイルを転送し始めたところ、なんと7時間以上かかってしまった。面倒なのでiBookG3の画像ファイル4.6Gもネットワークで取り込んでしまった。

ことえりの辞書も、iMacのユーザー辞書を移した。きたきつねのユーザー辞書には、世界の野鳥約7000種の、和名、学名、英名、漢字、種属名が入っているので、これは外せない。あとはhtmlのタグや友達のメールアドレスなどもろもろ入っているので、一気に快適になった。

最新のMacBookは、処理速度が早いことは、iBookG3のグズグズぶりから見ると、常磐線普通から新幹線に乗った感じがする。テキストエディターで、文章を打ち込んでいると、変換のタイミングが心地よい。今使っているWindowsよりもキーを打って、画面に文字が出る時間差がない感じがする。

ただ、処理は早いのだけれど、パッドの反応が今ひとつ動きが悪い感じがする。キタキツネの指と相性が悪いのではないだろうか。二本指でパッドをこするとスクロールするというのはいい感じ。

iPhotoの写真は、ここ1年の4023枚になった。古い写真も全部入れてみようと思う。25万枚使えるそうだけれど、2、3万くらいでどのようになるか見てみたいものだ。iPhotoは2.0の旧版しか使ったことがなかったけれど、画像処理がMacらしくなく直感的でないような気がした。それで、PhotoShopElementやPhotonickDを使っていた。

iPhoto6.0は、編集メニューが充実したようだけれど、リサイズに関しては、ファイルの「書き出し」でしかできない。ヘルプを検索して分かったけれど、リサイズが「書き出し」というのは、分かりにくい。圧縮率も変えられないので、ブログに上げるにはファイルがサイズが大きすぎになった。レタッチもよくわからなかった。

フリーのPhotonickDは、広角レンズの樽型補正やホワイトバランス補正など実用的な機能があってよかったけれど、開発者の田中さんがIntelMac対応のソフト開発をやめてしまった。非常に残念だ。

PhotoBoothで自分の写真を撮影して、今日は終了。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

放射冷却で地面が冷える

061202_1関東地方は、晴天で放射冷却で地面が冷える。この時期には、夜間の気温が3度以下になると、霜になるし、それよりも気温が高くなると露が降りる。

一番嫌なのは、カーブミラーが夜露で何も見えなくなることだ。真冬はこれが凍り付いて、日が射してもなかなか融けないから、もっと困ったことになる。

大陸から強い寒気が日本上空に流れ込んできていて、関東地方が晴れているので、明日あたり北陸や北日本は雪になるだろう。

061202_2 散歩道で、この寒さの中、紅葉したツツジが咲いていた。11月の気温が高く推移したためのようだ。

桜などは、一度、葉が落ちた後、気温が高くなると花が咲くことがあるらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/01

疲労が溜まっている

061201_1北陸が天気が悪いと、関東は快晴というパターンで、天気がいい。つくばの街は、落ち葉に埋まっている。

休む暇もなく出勤して、辞令をもらった後、直ぐに会議、挨拶回りを少しして、午後からまた会議。

荷物が届かないので、職場のパソコンのセットアップが完全にできないし、もらったIPを誰かが勝手に使っているらしくて、トラブル。

疲労が溜まっているので、倦怠感がある。土日で回復したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »