« 桃栗三年、柿八年、柚の大馬鹿十八年 | トップページ | 香取市「風土村」 »

2006/12/14

八勿の訓

今朝、きれいな朝焼けだった。午後から雨になってしまった。

元禄15年12月14日は赤穂浪士による吉良邸打ち入りの日だけれど、本新暦に直すと1703年1月30日になるから、ずいぶん違う。新暦1月末だと雪が降ってもおかしくない。

松坂大輔のレッドソックス入りの代理人による交渉が時間切れ近くなって、進んでいるようだけれど、交渉ごとは利益だけで進めると、後で決して良い結果とならないような気がする。

きたきつねが、交渉ごとに臨む時に渡辺華山の『八勿の訓』を参考にしている。『八勿の訓』をいつでも見ることができるように、カードケースに入れて引き出しに入れてある。

いつ読んでも、何事も本質は変わらない。

一 面語の情ニ常を忘スル勿レ
  (直接面談しているとき、その感情に流され平常心を忘れるな)
一 眼前の操廻シに百年の計を忘スル勿レ
  (現在、只今のやり繰りに、百年の大計・長期展望を忘れるな)
一 前面の功を期シテ後面の費を忘スル勿レ
  (目の前の収益を取ろうとして、後の費用がかかることを忘れるな)
一 大功ハ緩にあり機会ハ急にありといふことを忘スル勿レ
  (大きな功績はゆっくり積み上げてゆくものだが、チャンスは急にくる
   こと を忘れるな)
一 面ハ冷ナルを欲シ背ハ暖を欲スルト云ヲ忘スル勿レ
  (表面は冷静でありたいが、心は暖かでありたいことを忘れるな)
一 挙動を慎ミ其恒ヲ見ラルル勿レ
  (行動を慎み、自分の本心を見破られないようにしろ)
一 人を欺かんとスル者ハ人に欺ムカル不レ欺ハ即不レ欺レ己といふ事を
  忘スル勿レ
  (人を騙そうとする者は騙される。偽らないということは、自己を偽らな
  い 意味であることを忘すれるな)
一 基立テ物従う基は心の実といふ事を忘スル勿レ
  (基本が立てば、後は皆それに従う。基本は誠実であることを忘れるな)

|

« 桃栗三年、柿八年、柚の大馬鹿十八年 | トップページ | 香取市「風土村」 »

コメント

きたきつねさん、はじめまして。
ブログ拝見しました。時々寄らせてもらいます。
「上越そばまつり」盛況でしたよね。
毎年開催してもらいたいもんです。

投稿: 遊び人金さん | 2006/12/15 22:51

金さん

はじめまして。
そば祭りは来年も開催するようです。木浦市長はそば祭りの評判が良くて非常に喜んでいるようです。

「SAKEまつり」も好評につき、来年も開催するようですよ。

投稿: きたきつね | 2006/12/16 00:21

こんにちわ。勉強になります。私も「八勿の訓」をポケットに潜ませたいと思います。ありがとうございます。

投稿: てらむら | 2006/12/17 18:44

てらむらさん

少し落ち着きました。「八勿の訓」は勉強になりますね。

投稿: きたきつね | 2006/12/23 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八勿の訓:

« 桃栗三年、柿八年、柚の大馬鹿十八年 | トップページ | 香取市「風土村」 »