« 区切りがなくなってしまっている | トップページ | 今年も残り二日 »

2006/12/29

典型的な冬型

061229_1西高東低の典型的な冬型の気圧配置で、等圧線の間隔が狭いので、寒くて、今日も風が強い。横風で、車のハンドルが取られるほどだ。

夜中は風がなかったのか、放射冷却で家の北側に霜柱ができていた。

年賀状を一生懸命書いてなんとか書き終えることができた。引っ越しの時に愛用の万年筆をすぐ使えるようにと、別にしたのが失敗でどこかに紛れてしまった。仕方が無いので、無印の万年筆を探し出して、モンブランのブルーブラックを入れて使った。やはり万年筆は疲れない。

年賀状を終えて、部屋の片付けをした。何とか床が少し見えるようになってきた。年内に片付け終わるのは無理のようだ。それにしても、貧乏性でゴミを捨てることができない性格というのは、無限にものが増えるということだ。

だいたい二年以上使わないものは、不要なものなのだろう。でも、あったらいつか使うことがあると思ってしまう。

|

« 区切りがなくなってしまっている | トップページ | 今年も残り二日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/13270394

この記事へのトラックバック一覧です: 典型的な冬型:

« 区切りがなくなってしまっている | トップページ | 今年も残り二日 »