« 旧暦十二月朔 | トップページ | 牛久自然観察の森 »

2007/01/20

非常に寒い一日

070120_1今日は大寒で、非常に寒い一日。曇り空で昼から雨になった。神奈川や千葉では雪になったようだ。センター試験は雪という感じがある。去年も雪だった。

冬至で日長が一番短くなって、太陽エネルギーが一番少なくなるけれど、大気と地面はなかなか冷えないので、大寒の頃に寒さのピークが来る。

つくば市樋沢(旧茎崎町)にある月讀神社の前を通った。京都の月讀神社は式内神社だけれど、ここは歴史はあるようだが、式内ではない。通称「三夜様」または「二十三夜様」といわれ、旧暦十一月二十三日が縁日になっている。今年は一月十一日だったらしい。そういえば、前を通ったときに出店のテントがでていたことを思い出した。

この神社は、子宝が授かるということでも信仰を集めているようで、間宮林蔵の両親が、月読神社に願をかけたところ、林蔵が生まれたという言い伝えがあるということだ。

不二家のコンプライアンス欠陥問題は、泥沼に入ったようで、叩くとどんどんホコリが出てくる状態で、企業としての存続が難しくなってきているようだ。一度ウソを付くと、ウソがウソを呼んで、抜き差しならなくなる。できるだけ早く調査して正直に全てを公表するしかない。

賞味期限が守られなかったことより、ルールを守らなかったということが問題なのが、不二家の経営陣に判っていないことは致命的だろう。

「発掘あるある大辞典II」が放送内容が虚偽だったことが判って問題となっている。先週末からスーパーの店頭から納豆が無くなってしまうような大騒ぎが、根拠のないウソだった。消費者が踊らされたということになる。だいたい、食品というものは薬と違って、複雑なものだから、一つの食品や成分を取り上げて何か効果があるように考えるのはいかがなものだろうか。ダイエットは、食べる量を減らして、体を動かせばいいと思うけれど、どうだろう。

北見で起こったガス漏れ事件は、ガス会社の無責任体質が原因といえるような気がする。LNGのように一酸化炭素を含まないガスならば、火災だけを注意すればいいけれど、致死性の一酸化炭素を含む都市ガスは、細心の注意が必要だろう。

|

« 旧暦十二月朔 | トップページ | 牛久自然観察の森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/13594014

この記事へのトラックバック一覧です: 非常に寒い一日:

« 旧暦十二月朔 | トップページ | 牛久自然観察の森 »