« 貨物フェリーが当て逃げ | トップページ | 「コダクローム」が販売中止 »

2007/02/14

筑波研究学園都市の鳥

070214_2つくば市の地域循環バス「つくバス」は、路線バスが走らない旧道を循環しているけれど、あまり人が乗っている雰囲気は無い。

きたきつねとしては、バスにつくば市の鳥「フクロウ」がデザインされているのがうれしい。

つくば市が市制10周年を記念して、市の花鳥木を決めたときの選考委員として鳥を「フクロウ」に選んだから、フクロウには思い入れがある。「フクロウ」は、ギリシャ、ローマでは知と技術の象徴になっているから、筑波研究学園都市の鳥としてぴったりだと思う。

フクロウが市の鳥というのは非常にユニークだと思う。つくば市に数年遅れて、取手市が市の鳥に「フクロウ類」を選んだ。フクロウ類としたのは、フクロウだけでなく、利根川の河川敷にコミミズクがいたり、鎮守の森にはアオバズクがいたりするからだろう。

市の鳥が「フクロウ」決まってから、市内でのフクロウの目撃情報が増えた。関心がなければ、身近にいても気がつかなかったということだ。

ちなみに、花は「ホシザキユキノシタ」、木は「ケヤキ」だ。

|

« 貨物フェリーが当て逃げ | トップページ | 「コダクローム」が販売中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/13910683

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波研究学園都市の鳥:

« 貨物フェリーが当て逃げ | トップページ | 「コダクローム」が販売中止 »