« カモメを見に波崎と銚子へ | トップページ | 風力発電ブーム »

2007/02/17

イワシの水揚げ

070217_4波崎漁港はイワシの水揚げで、トラックが走り回っていた。港は新鮮なイワシの臭いで充満していた。

作業の邪魔にならないように遠くから、作業を見せて貰った。随分、豊漁のようで、コンテナに山盛りのイワシを載せたトラックが行き来している。

トラックが曲がるときに落とすイワシをカモメたちだけでなく、野良猫が狙っていた。近所の人もイワシを拾っていたけれど、トラックが通って危ないので、「イワシ拾い禁止」の立て看板がでていた。

070217_5 次の出航準備のためか、氷を積み込んでいる漁船もあった。

070217_6 巻き網をクレーンでつり上げて、放水して洗っている所にであった。

070217_7 大漁で網がイワシの鱗で詰まってしまうのだろうか。

船の横を見ると、イワシの鱗がいっぱいこびりついていた。

道の上にも、トラックから流れ出したイワシの鱗が白い帯のようになっていた。

|

« カモメを見に波崎と銚子へ | トップページ | 風力発電ブーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/13946685

この記事へのトラックバック一覧です: イワシの水揚げ:

« カモメを見に波崎と銚子へ | トップページ | 風力発電ブーム »