« 飽食のなれの果て | トップページ | ウォンカチョコレート »

2007/02/22

「はま寿司」に行ってみた

070222_1最低気温は-0.7度だたけれど、快晴で霜がしっかりと降りていた。でも二月も末の太陽は力強く、日が当たったところは急激に温度が上がるようだ。

日中は南風が吹いて、気温は16度近くまで上昇した。

それにしても、毎日、色々なことが起こるものだ。今日は、風が吹けば、桶屋が儲かるような話で、ちょっとバタバタしてしまった。

070222_2 夜は久しぶりに回転寿司に行くことにした。行ったことのないところということで、のつくばの「はま寿司」に行ってみた。「はま寿司」はココスと同じゼンショーの子会社らしい。

七時過ぎだったので、ちょっと混んでいた。店の中は、換気が悪いためか、調理場からの空気が客席側に流れ込んでいるらしく魚臭かった。

店内はチーフとアルバイト二人で回しているようで、アップアップしていた。それにしてもチーフのユニホームは汚れていて、生鮮食品を扱う店としては、非常に見た目が悪い。

テーブル席に座ったけれど、ディズプレーのタッチパネルで注文する方式で、注文したものが「注文皿」という容器に載って近づくと、「ピーピー」という音とディスプレーに表示が出るようになっていた。皿の下に、ICタグが付いていて、注文した場所と品物とが照合できるようになっている。

この「ピーピー」という音は耳障りで、もっと違う音がないものだろうか。それと「注文皿」をよく見ると随分汚れが目についた。コストを下げるために色々と切り詰めているだろう。まあ、全品105円だから仕方がないといえば仕方がないのかもしれない。

|

« 飽食のなれの果て | トップページ | ウォンカチョコレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/14011389

この記事へのトラックバック一覧です: 「はま寿司」に行ってみた:

« 飽食のなれの果て | トップページ | ウォンカチョコレート »