« DREAMGIRLS | トップページ | 沖縄シークワーサー »

2007/03/18

デンソーの中国人技術者

デンソーの中国人技術者が、最高機密を含む13万件のデータを会社から持ち出した事件があったけれど、日本の機密管理のいい加減さと、人事の脳天気振りが露呈した事件だ。

これまでも警察、自衛隊に始まり、企業の情報が大量に漏れているけれど、情報に対する危機感が全くない。

日本企業に沢山の外国人が就業しているが、すべての外国人が給料を得るためだけに就業している訳ではないことを知るべきだ。

今回のように、中国国営の軍事関連企業で勤務した経験があるとすれば、スパイの可能性がある。中国は優秀な職員を外国に留学させているけれど、昔の忍者で言えば「草」と同じ役割を持たせていると考えてもいい。

漫然としていると企業秘密だけでなく国家機密までも、中国に筒抜けになってしまっているということになるだろう。

中国からは犯罪者だけでなくスパイも沢山きていることを知るべきだろう。

外国大使館の書記官などは、日本語が堪能なのに企業を訪問するときに通訳を連れてきたりするのはごく普通だ。某社会主義国からは民間の名刺を持っていても、確実に軍人とわかる人がきたりする。

きたきつねはもっと気にしているのは、企業の中国での工場進出で、中国は経済開放政策を採っているけれど、基本的に中国共産党独裁の社会主義国で、いつ何時全ての合弁企業を国営にするか分からない。

そうなれば、製造設備だけでなく技術も含めて失うことになる。杞憂ではないと思うけれど、どうだろう。



|

« DREAMGIRLS | トップページ | 沖縄シークワーサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/14300163

この記事へのトラックバック一覧です: デンソーの中国人技術者:

« DREAMGIRLS | トップページ | 沖縄シークワーサー »