« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

今日も一日天井を見ていた

070430_1 朝から南風が吹いて気温がどんどん上がり、26.5度を越えて夏日になった。

今日も一日天井を見ていた。動かなければ痛くないけれど、動くとピリッと痛みが走る。

連休の計画が完全に瓦解した。完全休養することにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/29

今日も寝たきり

今日は昭和の日で昭和天皇誕生日。

西向きの風から南風に変わり気温が22度近くまで上がって、天気も良かった。

良い天気なのに、腰痛で動くことができず、終日布団の中で天井を見ていた。動かなければ痛くない。でも、トイレに行くのに起き上がるときが、難行苦行。

MacBookを胸の上に載せて、左手で固定して、右手でキーボードを叩くのは楽ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/28

とうとうやってしまった

連休初日で午前中は、天気が良く気持ちがいい。午後は黒い雲がでて、雷鳴とともについ雨が降り始めた。稲妻が何本も見えた。竜ヶ崎では落雷で人が亡くなったらしい。

毛替わりが始まった犬の毛を梳いてやろうと、ブラッシを持って屈んだとたん、腰にペキッという感じで痛みが走った。これはやばいと思ってコルセットをしたけれど、手遅れだった。

痛みが取れるまで、安静にするしかない。布団の中で上を向いてじっとして、筋肉の緊張がほぐれるのをじっと待つことになってしまった。

一昨日の腰の違和感が前兆だったのだ。連休の予定はこれで吹っ飛んでしまった。

続きを読む "とうとうやってしまった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/27

ETBE添加したガソリン発売開始

070427_1久しぶりに天気が良くなった。北西の風が南の風に変わり気温が少し上がってきた。連休前半は天気が良くなるのだろう。昨日札幌でなごり雪が降ったらしい。

出勤の途中、雪で白い富士山が見えた。朝は余裕がないので、本当は毎日見えていたりして。

ETBEを添加したガソリンが今日から発売になった。ETBEはバイオエタノールにイソブチレンを反応させて作るので、バイオエタノールの一種とされているけれど、イソブチレンは石油から作るので、微妙なところだ。

続きを読む "ETBE添加したガソリン発売開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/26

終日会議

終日会議。昼も昼食会で外に出なかった。

会議の場所は、何時もと違って、椅子が良くない。何となく腰に違和感がある。あの会議室は相性が悪いようだ。

夜は懇親会で、結局11時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/25

今日から私は「脂質異常症」

日本動脈硬化学会が、「高脂血症」の病名を「脂質異常症」に変更したらしい。

ということはきたきつねは「高脂血症のきたきつね」改め「脂質異常症のきたきつね」となるらしい。

今までは総コレステロールが220以上を「高脂血症」としていたけれど、その基準だと善玉のHDLコレステロールが多くても「高脂血症」となっておかしいということになったらしい。

諏訪中央病院の名誉医院長の鎌田 實さんは『ちょい太でだいじょうぶ―メタボリックシンドロームにならないコツ』で、年相応のコレステロールの値があって、数値が少しくらい越えたくらいで、治療する必要はないといっているので、きたきつねは安心して「高脂血症のきたきつね」をやっている。

おっと、明日からは「脂質異常症のきたきつね」としてデビューすることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の姓のランキング

070425_1七十二候の「霜止み苗出ず」

朝から雨。弱い北西風が吹き、気温は低め。

社員食堂の業者が変わったけれど、チョットは良くなるかと思ったけれど、残念なことに「チョット、チョット」という感じ。

昼の楽しみがなくなってしまった。近くの吉牛の方がなんぼかまし。仕出し弁当にするしかないか。

中国の姓のランキングが発表になった。ベスト10は、「王・李・張・劉・陳。楊・黄・趙・呉・周」で、「王」が九千万人で一位だった。これまでは「李」が一位ということだったらしい。

続きを読む "中国の姓のランキング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/24

風が吹くと

アメリカでのバイオエタノール増産の影響が、別なところでも出ていた。

それは小麦だった。トウモロコシの栽培面積の増加で小麦の栽培面積が30%も減っているらしい。

アメリカで栽培されているトウモロコシは、殺虫と除草剤耐性を持たせた遺伝子組み換え品種が多くなっていて、殺虫剤を撒く作業、耕起作業、除草作業などが軽減されるので、栽培が非常に楽になっている。ところが小麦は、遺伝子組み換え品種が使われていないので、赤カビ病などの殺菌剤の散布や除草作業などが面倒なので、農家は遺伝子組み換えのトウモロコシや大豆を栽培する方を選択するといことらしい。

このままでは、小麦はライ麦などのようなマイナーな作物になってしまうと心配されているようだ。

続きを読む "風が吹くと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんなに辛く苦しい局面でも

070424_1北東から東の風で平年並みの気温。曇りから夕方に雨模様。

散歩コースにはヒナゲシが沢山咲いているけれど、今日オニゲシが一輪咲いていた。何時も満月写真になるけれど、日記写真だから・・・・

ソ連を民主化に方向転換したエリッイン前大統領が23日に亡くなった。合掌

日本製紙は古紙100%の再生紙の販売をやめると発表した。古紙リサイクルには、バージンなパルプよりも化石燃料が大量に必要なため、古紙にこだわるべきではないということらしい。

LCAで、エネルギー収支をきちんと評価した上での判断だろうから、英断といえるのだろう。基本的には使わないという姿勢が一番だろう。

続きを読む "どんなに辛く苦しい局面でも"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/04/23

桜湯の桜

070423_1昨日の夜半過ぎから、風向きが東向きになり気温が下がってきて、平年並みとなった。先週から風が比較的強い日が多い。

疲れが取れていないのか、疲労感が取れない。

昼休みに散歩していたら、八重桜が咲いていた。「関山(カンザン)」という品種で、結婚式などの時に飲む「桜湯」がこの桜だ。「桜湯」は、カンザンの花を塩漬けにしたものだ。

つい先日食べた「桜あんパン」の中に、桜の花の塩漬けが入っていたけれど、この花だろう。

続きを読む "桜湯の桜"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/04/22

金属に続いて古紙も

070422_1昨日から南南西の強い風が続いていて、気温が高く、23度近くになって、半袖でも良いような陽気。

市会議員の選挙に行ってきた。

子供が帰ってきて、散歩しようというので、近くの雑木林にでかけた。風が強いので、草花の写真を撮るのは無理だった。

その代わり、アマガエルが大サービスしてくれた。

続きを読む "金属に続いて古紙も"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/21

検証 国家戦略なき日本

4月20日の参議院本会議で、「海洋基本法」が成立した。これで、海洋戦略を首相が統括して、省庁の縦割りを排除することができるようになった。

読売新聞政治部がまとめた「検証 国家戦略なき日本」の中で一番詳しい記述があったのが、日本の海洋戦略のことだった。指摘事項の一つ一つが、国家としての日本の将来を左右する可能性のあることばかりで、それが省庁の縦割り行政のためにちぐはぐな状態になっていることがよく分かった。

この本は、新聞に連載されたものをまとめたものだ。この本が出てから、非常にタイムリーに「海洋基本法」の立法作業が始まった感じがする。

この法律の成立にあたって、非常に興味有る事実は、参議院本会議の採決で、この法律に反対したのは社民党の4人だけで、何でも反対の日本共産党、国民新党も賛成に回ったことだろう。

続きを読む "検証 国家戦略なき日本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰と首の調子が悪い

070421一晩中南南西の強い風が吹いていて、気温が高くなって今朝の最低気温が15度くらいになった。

最高気温も22度くらいまで上がって、汗ばむほどだった。でも風が強く、時折10mを越える風が吹き抜けていた。

散歩道の途中の麦畑も麦の穂が大きくなってきた。

イベントに出るため休日出勤で、朝から夕方まで屋外にいたので、非常に疲れた。

続きを読む "腰と首の調子が悪い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/20

アンフェア

070420_1今日は二十四節気の『穀雨』。

やっと気温が平年並みに戻った。高気圧が通過して、午後から南風が強くなった。

午前中、大きなイベントをこなしてほっと一息。明日の土曜日は、休日出勤。偶にはいいかもしれない。

大阪市職員の学歴詐称問題は、広がって全職員約4万5000人のうち1141人が学歴を偽って採用されていたらしい。

続きを読む "アンフェア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/19

「石油の呪縛」と人類

読み始めたときは、こなれていないというかきたきつねが訳したような文章で、読みにくかったけれど、読後の感想は「この本『「石油の呪縛」と人類』を読んで良かった」だった。

石油とそれを巡る歴史から、石油が欲望と結びついていく過程がよく分かった。

石油資本が、全米の市街電車を絶滅に追い込み、自動車を選ばざるを得なくしたり、世界の民族紛争と呼ばれるものや、局地的な戦争の背景に石油が絡んでいたり、際限のない石油資本の銭ゲバぶりがおそろしい。

オイルマンのブッシュ大統領とその取り巻き達も石油の呪縛の中にいて、イラク侵略戦争も裏には石油が絡んでいることもよくわかる。ライス国務長官が、石油会社のシェブロンの重役だったというのも、暗示的だ。

続きを読む "「石油の呪縛」と人類"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三月三日の桃の節句

070419_1今日は旧暦三月三日の桃の節句。この時期だと桃の花は咲いている。

早朝は冷たい北風が吹いて、手袋が欲しいくらいだった。昼過ぎから少し気温が上がったけれど、風が冷たかった。

社員食堂の業者が変わったので期待していたけれど、これが今ひとつで、期待はずれ。外に出るしかないようだ。

スダジイの葉が食べられている。近くの葉の周りで犯人を捜してみた。

続きを読む "三月三日の桃の節句"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/18

ATMで

070418_1今日は昨日よりも気温が上がらず、冬のような感じで、曇り空が、夕方から雨になった。

昼に銀行に振り込みに行った。ATMで10万円以上振り込みができないと書いて貼ってあった。それで、カードでお金をおろして、窓口にいったところ、「現金で振り込みできないけれど、カードでは大丈夫」という。

滅多に振り込みをしないので、こんなことが起こる。オレオレ詐欺を防ぐためらしいけれど、なんだか不思議で、よくわからない。

30代の女性が、振り込め詐欺で4700万円だまし取られたというニュースがあったけれど、どうしてそれほどのお金を振り込んでしまうのかよく分からなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラス なぜ遊ぶ

カラスは黒くて、気味が悪い鳥というイメージがあるけれど、利口で憎めない鳥だ。

「カラス なぜ遊ぶ」は、宇都宮大学の杉田先生が研究対象にしているカラスの能力についての入門書で、解剖学的な内容からカラスの行動まで、わかりやすく解説している。

カラスは臭いが分からないとか、数の概念がわかるといったことを実験で確かめていて、唐沢孝一さんの「カラスはどれほど賢いか―都市鳥の適応戦略」とちょっと切り口が違って面白い。

読んでいて気になったのは、79ページにこんなことが書いてあったことだ。

続きを読む "カラス なぜ遊ぶ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/17

銃撃事件の連鎖

070417_1旧暦3月朔日、春の土用の入り。

冷たい雨が降ったりやんだり、急に冬に逆戻りしたような寒い日となった。朝も夜も7度前後で最高気温が12度くらいまでしか上がらなかった。

バージニア工科大学で銃の乱射事件があって、32人が死亡、15人が負傷するという米史上最悪の銃撃事件になった。犯人は韓国からの留学生で、犯行後自殺したらしい。

続きを読む "銃撃事件の連鎖"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/16

忍び寄る穀物高騰

今日は気温が上がらず12度以下と肌寒かった。昼頃から雨が降り始め、降ったりやんだりだった。西から強い雨がきている。

NHK総合テレビのクローズアップ現代は「忍び寄る穀物高騰~人と車の争奪戦~」で、バイオエタノールやバイオディーゼルのバイオ燃料の増産によって、穀物の価格が高騰している話だった。

アメリカでトウモロコシを使ってバイオエタノールを作るようになったために、トウモロコシの価格が高騰して、トウモロコシを主食にしているメキシコで暴動が起こったのことについて、以前書いたことがある。

京都議定書を無視している石油業者のブッシュが、バイオエタノールに力を入れているのは、地球温暖化対策とは関係なく農業対策ということはあまりしられていない。

続きを読む "忍び寄る穀物高騰"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林屋正蔵やるじゃん

九代目林家正蔵が脱税を摘発ではなく指摘されて、修正申告したという。所得隠しは2400万円、経理ミスは1億2千万で、追徴課税は4500万円というから豪毅なものだ。

「お金のことは大まかだった」などと言っているらしいけれど、確かに千万単位は大まかだ。

「江戸っ子だってね」、「根岸の生まれよ」てなもんで、自宅のワインセラーには数十万のワインやシャンパンがタップリと仕舞ってあるようだし、金が金を呼ぶというのは本当のようだ。

金儲けも真打ち、大看板ということで、林屋正蔵やるじゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/15

春の雑木林

070415_1

今日は東風で、昨日と違って平年並みの気温となった。天気が良かったので、午前中、近くの雑木林に散歩に出かけた。野鳥はそれほど多くなかった。

ウグイスのさえずりに迎えられて、遊歩道進むと、スミレ、タチツボスミレ、イチリンソウ、キジムシロなど春の花が沢山咲いていた。

続きを読む "春の雑木林"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/14

気温がどんどん上がって

070414_1早朝6時少し前の地震で目が覚めた。震度2くらいだろう。

昨日の強風は、局地的に突風となり、屋根の瓦が飛んだり、電車が止まったりと被害が出ているらしい。

朝の散歩で、夜中に降った雨で濡れた歩道を横断中のカタツムリを見つけた。殺気を感じたのか、あっという間に縮こまってしまった。

続きを読む "気温がどんどん上がって"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/13

静かな戦い

070413_0くもりだったけれど、西よりの南風が吹いて気温がどんどんと上がって20度になった。夕方には霧雨。昼過ぎから風が強くなって、夜半過ぎにさらに強くなった。

昼休みに散歩していたら、歩道のブロックの上でアリが戦っていた。きたきつねにはアリの種類は判らないけれど、大きさが違うので、違う種類なのだろう。

そういえば、急にアリが増えてきたような気がする。

続きを読む "静かな戦い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/12

枝垂れ桜が満開

070412_1今日は気温も17度を越えて比較的天気が良くなった。

通勤途中にある月読神社の境内の枝垂れ桜が満開だったので、ちょっと寄り道。

国民投票法案の与党修正案が衆院憲法調査特別委員会で可決された。明日、衆院本会議で可決して、参議院に回されることになる。参議院での議論ができるのだろうか。安倍首相は憲法改正を急ぎたいのだろうか。拙速すぎるような気がする。

続きを読む "枝垂れ桜が満開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の食料自給率

3月末に農林水産省が「平成17年度食糧自給率レポート 我が国の食糧自給率」を発表した。冊子版の配布もしているようだ。

このレポートは、わかりやすくしようという努力の跡が見えて、政府の刊行物としては比較的わかりやすいのではないかと思う。レイアウトとかコピーは「もっと頑張りましょう」というレベルは、仕方がないか。

さて、日本の食糧自給率(カロリーベース)は、昭和36年に78%だったものが、昭和62年に50%を切ってしまい、現在は40%になっている。「なんだ4割も自給しているんじゃない」と安心してもらっては困る。

続きを読む "日本の食料自給率"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/11

猫に威嚇された

070411_1くもりで3時過ぎから雨になった。気温は平年並み。

朝の散歩で、近所の猫に威嚇された。実に迫力ある。口を開けたところを撮りたいと思ったが、コンパクトデジカメでは無理。

パスモが予想以上に売れすぎて、販売中止になった。年間500万枚の予定が、1ヶ月足らずで300万枚もうれてしまったらしい。

パスモは、一枚で地下鉄、バス、鉄道などが利用できるので便利ということで、一気にブレークしたのだろう。割引にならないというのが残念なところだ。

続きを読む "猫に威嚇された"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/10

昭和33年

きたきつねは、昭和三十年代に非常に興味があるので、『昭和33年』という書名に直ぐ反応してしまった。

著者の布施克彦氏によると、映画「三丁目の夕日」のヒットを、ノスタルジーであって、過去を美化する日本人の性癖だから、昔は良かったといっているだけだという。それを論証するために。昭和三〇年代の代表として、昭和33年を取り上げて、いかにひどい時代だったかを、色々なデータを駆使して、一生懸命説明している。

昭和三十年代に子供時代を過ごしたきたきつねとしては、そんなことはみんなよく知っている。ものの全てが足りない、競争が激し時代で、今では考えられないような無理が通ったひどい時代を生きてきて、今の暮らしを作り上げたという自負と満足感で、あのころを懐かしんでいるのだろう。

だから、年寄り達は、昔は良かったとだれも思っていない。頑張ってきたプロセスを振り返って、頑張ってきて良かったと思っているのだろう。

「三丁目の夕日」を見た若い人たちは、なんだか生き生きとした社会を感じているのではないか。

続きを読む "昭和33年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真はノイズがあるから

ちょっと前にラジオを聞いていたらTBS全国こども電話相談室の動物の回答者で、京都大学霊長類研究所教授の遠藤秀紀先生が、 研究で写真も使うけれど、絵も使うという話をしていて、その中で「写真はノイズがあるから」といっていた。

きたきつねは、この話はよく分かるし、「ノイズ」というのは非常に良い表現だと思った。バードウォッチングで鳥の種類を識別するのに図鑑を使うけれど、写真図鑑よりもイラストの図鑑の方が錯誤しにくい。写真は、リアルのだけれど、人ほどの違いはないにしても鳥も個体差があって、これが「ノイズ」になって微妙な違いが気になることがある。その点、イラスト図鑑ののほうが、種としての特徴が整理されているので、使い易い。

続きを読む "写真はノイズがあるから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医療関係の話題

今日は七十二候の「雁水へ帰る」。

訪問介護最大手の「コムスン」が介護報酬過大請求が発覚した。「ニチイ学館」、「ジャパンケアサービス」も同様の過大請求をしたということだ。「コムスン」は週刊誌に記事風の広告を出したり、結構派手に宣伝していたから、気になっていた。やはり経済原理だけで企業が介護をビジネスにするのは無理があるのだろう。

3月末に医師国家試験の結果が発表になって、合格率が87.9%で、去年よりも若干下がったようだ。でも、防衛医科大学は100%、東京大学99%で、1、2位はいいとして、最下位の帝京大学(66.7%)、ブービーの近畿大学(72.9%)は非常に気になる。有名国立大学でも80%台のところはあるけれど、それにしてもちょっとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/09

桜色の道

070409_1桜の花が散って、道がピンク色に染まっていた。何時も桜色の道を撮影したいと思っていたけれど、自動車や自転車が通って轍ができたり、雨で流れたりと、道路一面を桜の花びらが埋め尽くすタイミングが難しかった。

今日は偶然通ったところで、ベストコンディションの場所があった。

2時過ぎに雷が鳴って、雹が降り始めた。短い時間だったけれど、窓に雹が当たって音がして気がついた。

東京都知事選挙は、現職の石原慎太郎氏が圧勝に終わった。上位3名以外は、予想通り規定投票数に達っしなかったため供託金没収となった。泡沫はやはり泡沫だった。

続きを読む "桜色の道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/08

あかね空

070408_1今日は灌仏会。お釈迦様の誕生日ということになる。

曇りだけれど最高気温が17度を少し越えた。雄のキジの声は毎日のように聞いているけれど、今朝初めてキジのペアを見た。

午前中、映画「あかね空」を見にいった。なんといっても50歳夫婦割引はありがたい。還暦を過ぎれば、一人でも1,000円になるのだけれど、もう少し待たなければいけない。

いつもはキャラメルポップコーンを買うのだけれど、今日は見るだけにしておいた。腰のことを考えると体重を減らさなければいけない。

映画は、非常に良くできていて、新しい豆腐屋は真新しい道具という小道具まで心遣いが気持ちよい。CGもそこそこだった。

続きを読む "あかね空"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/07

Start Macモニター修了式

070407_9Start Macモニターの締めくくりの終了式と懇談会が東京オペラシティーのAppleのセミナールームであった。

沢山のモニターと家族が集まって、ワインやシャンパンを飲みながら歓談した。

モニターがiMovieHDとGarageBandを使って作った作品を見せて貰ったが、すごい作品もあって、感心することしきりだった。

スチル写真を組み合わせても面白いものができそうで、是非やってみたい。

続きを読む "Start Macモニター修了式"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

上野公園は・・・・

070407_6上野公園の広場を通っていたら、ホームレスが並んで、給食の配布を受けているようだった。

長い列になっていて、上野公園で暮らしているホームレスの多くが来ているのではないかと思う。

植え込みにあったブルーシートを使ったテント村はなくなってしまっているので、どこで寝ているのだろうか。今年は暖冬だったのでだいぶ楽だったのだろうなどと考えながら通り過ぎた。

続きを読む "上野公園は・・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京科学博物館の地球館

070407_3東京科学博物館には、時々行くのだけれど、最近は企画展を見て直ぐに帰ってくるので、新館ができてから通常展示を見たことがなかった。

だいたい、本館の地下で大好きな「フーコーの振り子」を見て企画展の会場に向かうというのがいつものパターンだった。

ちょっと時間があったので、地球館を見ることにした。

続きを読む "東京科学博物館の地球館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京科学博物館で「花展」

070407_1天気はくもりだったけれど、気温はどんどん上がって、16度を越した。ツバメを初認した。

午後にStart Macモニターの修了式があるので、東京にでるついでがあったので、先週見ることのできなかった、『花展』を見るために科学博物館に行った。

会場は花の香りに包まれて、混雑もなくゆっくり展示物を見ることができた。

続きを読む "東京科学博物館で「花展」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/06

東京都知事選、泡沫候補が面白い

東京都知事選挙が最後の追い込みに入ってきた。茨城県民は、参加できないから、興味を持って見るだけだが、最終的には石原現知事と浅野前宮城県知事の一騎打ちになるのだろう。

それよりも、毎回、東京都知事選挙をにぎわす泡沫候補が面白い。。色々な意味で著名な方も多いので、売名行為や趣味で立候補しているのだろう。でも、戻る可能性のない300万円の供託金を払ってまで立候補するというのはなかなかできるものではない。まあ、そんなことは貧乏人がすることではないか。

続きを読む "東京都知事選、泡沫候補が面白い"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

モグラも花見

070406_1今朝の気温はは平年並みで、午後から少し青空が見えていた。気温は14度近くまで上がって、花見日和となった。

モグラも花見に来たのだろうか、何カ所も土が盛り上がっていた。「花見をしながら食うミミズはひと味違うね」などといいながらトンネルの中からおもてを見ていたのかもしれない。

腰の調子が悪いので、コルセットをしていたので少し楽だった。椅子に座っている時間が長い時はやはり、時々コルセットをしていくことにしよう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Vistaの苦戦

気の早い人たちは、次期バージョンのWindow Viennaを話題にしているようだ。ところが、Windows Vistaが日本で発売されて3ヶ月も経つのに、まだ勢いづいていないらしい。

本家のアメリカでHarris InteractiveによるWindows Vistaに対する消費者意識調査の結果が発表になったけれど、とても悲観的なものだったようだ。

知名度は87%と高いけれど、年内にWindows Vistaアップグレードすることを希望する人は12%にとどまったようで、発売前の20%よりも落ち込んだようだ。

続きを読む "Windows Vistaの苦戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/05

フェンダーだぞ!

070405_2今日、仕事帰りに、ビックコミックオリジナルを買うためにコンビニに寄った。

レジにいく途中、食玩の棚を見ていたら「FENDER GUITAR COLLECTION」というのがあったので、ついふらふらと買ってしまった。一番欲しいと思った、スラトキャスターのSunburstが入っていた。

高校生の時に、フェンダーのギターはあこがれの的だった。絶対に買えそうもない遠い存在だった。そのギターが8分の1の精巧なモデルになって399円で買える。

そういえばギターは随分長いこと弾いていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霜が降りた

070405_1早朝、外は霜が降りて白くなっていた。車の窓は凍っていたし、霜柱が1cm位できているところもあった。最低気温がー1度と冷え込んだのだ。

昨日東京では、19年ぶりに4月の雪となったようだ。1988年に東京に転勤になって直ぐ雪が積もって、暖房機が無かったので、一家でふるえていたことを思い出した。そういえば、あの年は、冷夏だった。

久しぶりに青空が顔をだして、日中は気温が上がり始め、午後には14度になった。この時期、一日の温度差が15度にもなる日はそれほどないのではないだろうか。

桜の花は満開を過ぎて、はらはらと花びらを落とし始めている。

続きを読む "霜が降りた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/04

ミニ同窓会

070404_1朝から曇りで、気温が10度位までしか上がらず、寒い一日となった。午後3時頃から強い雨が降り始めて、9時近くまで降っていた。

散歩道で奇妙な花が咲いていた。枝から直接花房がでて、赤紫色の花が咲いていた。調べてみると「ハナズオウ」という名前のようだ。

今日は「沖縄県誕生の日」ということで、1879年の今日、明治政府が軍隊と警察力を投入して琉球王国に首里城の明け渡しを迫り、「沖縄県」の設置を宣言した。無理矢理沖縄県ができあがったという歴史を知るひとは非常に少ないだろう。

続きを読む "ミニ同窓会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WindowsなしでMacで一太郎

MacBookにBootCampかParallels Desktop for MacでWindowsXpをインストールしようかどうか迷っていた。MacFanの5月号をみていたら、OSなしでWindowsのソフトが使える「CrossOver Mac 日本語版」というソフトが紹介されていた。

「CrossOver Mac 英語版」を試用した記事では、WordやExellは問題なく使えるようだ。
http://www.netjapan.co.jp/r/product_mac/item005/

きたきつねがWindowsを使わなければならないのは、一太郎のファイルを送りつけてくるひとがいるからだ。修正が必要ない文書であれば、PDFにしてくれればいいし、修正が必要であればWordファイルで保存して送ってくれればいいのに、MacOSでは一太郎ファイルはお手上げだ。

昔、「一太郎Ver.5 for Mac」というソフトがあったけれど、文字の位置がずれたり、動きが不思議なひどいソフトで、それっきりバージョンアップもなく消えてしまった。

ということで、Macにとって一太郎は鬼門になっている。しかし、仕事上でどうしても一太郎を使う相手先があるため、しかたなくWindowsを使わなければいけないことになっている。

続きを読む "WindowsなしでMacで一太郎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/03

Start Mac体験モニター業務完了のお知らせ

今日、Appleから「Start Mac体験モニター業務完了のお知らせ」がきた。これで、今週末に修了式があって、手続きが終われば正式にMacBookがきたきつねのものになることになった。これだけの性能のMacBookをこれからも使えるというのはうれしい。

きたきつねは、モニター参加者のブログをあまり読んでいなかったけれど、この機会に半分ほど読んでみた。

Macユーザーで参加したひとも、Windowsユーザーで参加した人も、この四ヶ月MacOSXとIntelMacを楽しんでいたようだ。モニター開始時にAppleから、ネガティブデータも含めて何を書いてもいいということだったけれど、愛情を持ったネガティブな評価以下のものは見られないようだった。

モニターを終えても、ユーザーレポートを続けるひともいるようなので、きたきつねもこれを機会にMacBookのユーザーレポートを続けることにしようと思っている。

新たにWindowsユーザーを対象にした、モニターの募集が始まっているので、是非沢山応募してほしい。そしてMac Worldを楽しんで欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花冷えの一日

旧暦2月16日、月齢15日で満月。曇り空で月は見えない。

ココログのメンテナンスで今日の15時から24時間はアクセスができなくなってしまった。

朝から雨が降って、花冷えの一日。最高気温が午前1時の10度からどんどん下がって、昼頃が最低気温4.6度になっていた。2月末に逆戻りしたようで、夜は暖房がないと寒い。

海上自衛隊のイージス艦の情報漏洩事件は、全くアクセス権限のない下士官に中枢部データが持ち出されていて、ザルのような情報管理をしていたことがはっきりしてきたようだ。日本の防衛に秘密はなくなっているのではないだろうか。まさか、士官の机の上のパソコンにIDとパスワードの書かれたポストイットが貼っていないだろうと思うが、心配になる。

2日朝にソロモン諸島の南で発生した巨大地震は、まだ被害の状況が正確につかめていない様子だ。潮が引き始めたので高台に逃げたという住民の話が伝わっているが、去年のインド洋で発生した地震による津波の教訓が生かされたのだろう。死者が増えないことを祈りたい。異常気象、巨大地震が目立つけれど、大災害が起こらないように願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/02

日本の食料輸入がストップする日

財界展望社の「ZAITEN」4月号の「The Simulation 日本の食料輸入がストップする日」という記事は、きたきつねの日頃気になっているところにストライクの直球を投げ込んできた。

食料危機が顕在化する2027年の日本のシミュレーションのレポートということになっている。2007年に締結されたオーストラリアとのFATが引き金になり、2017年ころには、日本農業が壊滅的な打撃を受けて、食料生産ができなくなってしまう。中国とインドの経済成長と地球温暖化による異常気象の影響で、世界の穀物需給が逼迫し、市場価格が大暴騰する。

そして、各国が自国内の需給のために、食料輸出を減らし日本に食料が来なくなるという想定だ。決してこれは絵空事ではない。穀物の国際市場での流通量はそれほど多いわけではなく、これまでも気象災害が起これば国際相場は高騰している。

続きを読む "日本の食料輸入がストップする日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜はもう満開

070402_1最高気温は、天気予報と違って16度を少し越えた。曇っていたけれど、さわやかな一日なった。

予想通り、桜はもう少しで満開ということろまできた。桜の花は綺麗だ。それにしてもこれだけ沢山花が咲いても、香りがないというのも不思議だ。

1日が日曜日だったので、今日人事異動の辞令がでて、一日挨拶回りがきていた。仲間が近くに集まってきたので、楽しくなりそうだ。

続きを読む "桜はもう満開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/01

団塊の達人?

070401_1天気が比較的良く、気温が22度近くまで上がって暑いくらいで、半袖で歩いているひともいた。これで桜は満開になったのでないだろうか。

散歩コースの畑では、大根や白菜などに薹が立ってきて、黄色い花を咲かせている。

一週間の疲れがどっと出て猛烈に眠たい。

今日はエプリールフールだけれど、騙しも、騙されもしなかった。きたきつねの周りでは、エプリールフールという雰囲気はないような気がする。

新聞の「月刊現代」の広告をみていたら、特集で「永久保存版 『団塊の達人』養成講座」というのがあったけれど、団塊の達人?と思ってしまった。定年退職後の人生を教えて貰わなければいけないのだろうか。自分で考えればいいと思ってしまう。

最近は団塊を商売にしようとして、至る所に特集がでている。退職金を狙った商売なのだろうけれど、団塊の世代の財布のひもは堅いので、商売にはならないと思う。

何せ年金が満額貰えるのが、65歳からだから、それまでの生活と住宅ローンを考えると、昔の退職者よりも金を使うことはできない。

続きを読む "団塊の達人?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »