« カワウ駆除の新方式? | トップページ | バス・ボール »

2007/05/20

コウノトリの雛が生まれた

070520_1_1今日は「ローマ字の日」。

朝から天気が良く、午前中は久しぶりの快晴。気温も23度台で快適な一日だった。

近くの麦畑も色が変わり始めていて、来月には麦秋を迎えることだろう。

兵庫県豊岡市で、コウノトリが自然状態で雛をかえした。1964年に福井県小浜市で確認されて以来、43年ぶりということだ。

豊岡市では絶滅したコウノトリを復活させようと、1965年から取り組んでいて、今回のコウノトリのペアは、飼育していたものを自然復帰させた個体だ。これから、自然復帰させる個体を増やし自然条件下で繁殖できるようになれば、コウノトリの復活も夢ではない。

トキも、中国産の個体群を佐渡で飼育、増殖して、将来自然復帰をすすめるのだろうけれど、上手くいって欲しいものだ。

|

« カワウ駆除の新方式? | トップページ | バス・ボール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/15146025

この記事へのトラックバック一覧です: コウノトリの雛が生まれた:

« カワウ駆除の新方式? | トップページ | バス・ボール »