« ヤマザクラのサクランボ | トップページ | 久しぶりの里山散歩 »

2007/05/25

ドングリのエグ味

070525_1朝8時頃からパラパラと雨が降り始め、久しぶりの本格的な雨になった。

雨の中でもホトトギスが鳴き回っている。

午前中、休暇をとって軽自動車の住所変更にいってきた。面倒なので、代書を頼んで1300円で手続き完了。牛久市は、つくば市と違い軽自動車に車庫証明がいらないのがいい。

子供の頃、ドングリを囓ったことがあるけれど、とてもエグかった記憶がある。あのエグ味のあるドングリを、ネズミは集めて、冬の間食べているのが不思議だった。カケスやヤマガラもドングリをよく食べている。これは、エグ味を感じないのだろうと思っていた。

今日、面白い記事をみつけた。普通のエサを食べているアカネズミは、急にドングリを食べると体重の急な減少や死亡するらしい。ずっとドングリを食べていたアカネズミは、ドングリ食に切り替わっても、体重の減少や死亡が少なくなるということだ。

ドングリのタンニンは、ドングリ好きなアカネズミに毒だけれど、アカネズミは、ドングリを常食することで、ドングリのタンニンを無毒化できるようになるということだ。

ドングリを少しずつ食べることによって、唾液にタンニンに結合して安定化するタンパク質を分泌するようになり、さらにタンニンを分解できる腸内細菌が増えることで、タンニンを分解できるようになるらしい。

コアラなどもタンニンを沢山含むユウカリを食べているけれど、タンニンを無毒化するメカニズムがあるらしい。ドングリが好きな鳥も、やはりタンニンを無毒化できるのだろう。

|

« ヤマザクラのサクランボ | トップページ | 久しぶりの里山散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/15200696

この記事へのトラックバック一覧です: ドングリのエグ味:

« ヤマザクラのサクランボ | トップページ | 久しぶりの里山散歩 »