« ヨコヅナサシガメの羽化 | トップページ | メディア・バイアス »

2007/05/08

林屋木久蔵の「あわびのし」

今日のNHKラジオの真打ち競演の落語は、林屋木久蔵の「あわびのし」だった。

イヤーとんでもないセコな噺で、頭が痛くなってしまった。口跡が悪いのは仕方がないにしても、どう聞いても同じ人が前を向いて話をしているようで、誰が誰だかわからない。できが悪いを大きく越えていた。こんな芸に拍手するお客もセコだ。というよりもフロアーディレクターが、手を回して拍手させているのだろうから、仕方がないか。

晩年の呂律が回らない志ん生師匠の「あわびのし」を覚えているけれど、名人は腐っても鯛。いい味だった。

林屋木久蔵は、今年の秋に息子に名前を譲って、林屋木久扇という名前に改名するらしい。でも、息子は名前負けして、更にセコにならなければいいと思う。

|

« ヨコヅナサシガメの羽化 | トップページ | メディア・バイアス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/15003017

この記事へのトラックバック一覧です: 林屋木久蔵の「あわびのし」:

« ヨコヅナサシガメの羽化 | トップページ | メディア・バイアス »