« 朝一番の村営フェリーで | トップページ | サングラスをかけたシーサー »

2007/06/25

19分で宮古島

070625_5伊江島から昼のフェリーで本部港に戻り、名護を経由して那覇空港へ。今回は移動時間と距離が非常に長い。

那覇空港で、宮古島行きの飛行機を待つ間、離着陸する飛行機を見ていた。前回は、風向きの関係で、離陸の飛行機がちょうど目の前を上昇してくれたが、今回は着陸がよく見えた。

航空自衛隊の戦闘機と練習機を楽しむことができた。

070625_7那覇空港から宮古空港までは、非常に順調で、30分の予定が19分で着いてしまった。シートベルト着用のサインが消えたと思ったら直ぐに点灯とあわただしかった。

途中、薄雲がかかっていたので、虹がきれいに見えていた。二重の虹もかかったけれど、上手く撮影できなかった。

飛行機で写真を撮るのは、色々な制限がある。まず、離着時はダメ。席が窓側であること。窓側に座れても、翼の上やジェットエンジンの後ろはもちろんだめ。さらに、窓が汚れていたり、傷だらけでもいけない。朝、夕方に飛ぶときには、太陽と反対の席にしなければいけない。

だから、飛ぶ時間帯、コースなどを考えて席の予約するけれど、何時も上手くいくとは限らない。今回も前方の窓側の席が埋まっていて、なんとか翼の直ぐ後ろが取れた。あまり後ろだと、ジェットエンジンの吹き出す高温の空気が広がっているので、写真撮影はできない。

070625_8 宮古島空港は、琉球瓦の赤がきれいな東南アジア風の空港で、夕立があったようで、虹が出ていた。

交通事情が悪いので、レンタカーを借りて、宿に。

夜は、地元の居酒屋で、ジーマミ豆腐、フーチャンプル、ラフィティーなどで泡盛。締めは宮古そば。

|

« 朝一番の村営フェリーで | トップページ | サングラスをかけたシーサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/15612214

この記事へのトラックバック一覧です: 19分で宮古島:

« 朝一番の村営フェリーで | トップページ | サングラスをかけたシーサー »