« 沖縄慰霊の日 | トップページ | ウチナースバ »

2007/06/24

ヤンバルクイナは

070624_1早朝、友人がホテルまで迎えに来てくれて、国頭にヤンバルクイナを見に連れて行ってくれた。

は、林道の縁で何個体もみることができた。時々、道を渡っていた。車にヤンバルクイナが轢かれる事故が多いようだけれど、速度を早いと逃げられないと思う。

ヤンバルクイナは、山原の南側では、野猫とマングースに食われて、個体数が減っているということだ。国頭のあたりまでは、野猫などが侵入していないので、個体数は多い。

ヤンバルクイナもそうだけれど、与那あたりまでクマネズミが侵入してきているらしいので、両生類やは虫類に被害が出るのではないかと心配だ。

070624_2林道で、アカメガシの黒い小さな実を食べにきているノグチゲラに遭遇した。

ヒナが巣立ってしまったこの時期は、若鳥を連れたノグチゲラが、脂肪の多い実を付けたアカメガシに集まるらしい。

アカメガシには、ヒヨドリ、メジロなどの鳥も頻繁に訪れるようだ。

070624_1_4 アカメガシの葉には、大量のカメムシが止まっていて、気持ち悪いくらい。ノグチゲラは、このカメムシには見向きもしないらしい。

嫌な臭いの爆弾攻撃があるのだろうか。ちょうど脱皮したところで、色の明るい個体が多いし、まだ脱皮には早い幼虫もいた。

070624_3 林道を走っていたら、リュウキュウヤマガメにも出会った。道の真ん中にいたので、車に轢かれないように、進行方向の林に移動させた。

空を見ると、沖縄特産種のカラスヤンマの雄、雌が飛んでいた。雄の羽の先は透明で、雌は黒ぽい。



070624_1_3 070624_1_2

|

« 沖縄慰霊の日 | トップページ | ウチナースバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/15597469

この記事へのトラックバック一覧です: ヤンバルクイナは:

« 沖縄慰霊の日 | トップページ | ウチナースバ »