« Crossover Mac 6.1その後 | トップページ | 昆虫食 »

2007/08/07

マラリアの脅威

070807_1今日は月遅れの七夕。仙台の七夕は昨日から明日までの三日間開催となる。仙台の七夕は昭和46年に行ったきり。

散歩の途中で見つけたアオメアブ。緑色の目がとてもきれいだ。

台風6号パプークが発生して、沖縄の先島方面に向かっているけれど、大陸方面に抜けて大きな影響がないらしい。

ナショナルジオグラフィックスの7月号は、マラリアを取り上げている。マラリアは、現在日本で発生していないので、実感がないが、戦前は年間数万人の感染者がでていたということだ。きたきつねの父親も戦後帰還するときにマラリアに感染して、苦しんだようだ。

先日沖縄に行ったときに訪れた黒島は、先島諸島でマラリアの発生がないということで、沢山の人が移住していたという話を聞いた。

黒島は石灰岩の島で表土が浅いので、蚊が発生する水たまりが無かったので、マラリアの発生がなかったようだ。他の島ではマラリアが発生して、死者がでていたそうだ。

世界的に見るとマラリアは、年間5億人が発病し、100万人くらいの死者が出るほどの大流行ということだ。地球温暖化が進めば、日本国内でもマラリアが発生する可能性があるという。

DDTが発明されてから、一時下火になったけれど、DDTの使用禁止になってから発生がひどくなっている。WHOでは、DDTをしみこませた繊維を使った蚊帳や壁に塗るDDTを推奨している。

DDTで癌を発症するリスクと、マラリアで死ぬリスクのどちらが大きいかといえば、マラリアのほうだろう。キニーネやクロロキンなどの薬があるけれど、薬があっても体力がないと死の方が先に来てしまうようだ。

殺虫剤などの農薬を忌み嫌う人がいるけれど、許可されているものを、基準通りに適正に使えば健康に対するリスクはきわめて低いし、最近の農薬は毒性が低くなっている。

|

« Crossover Mac 6.1その後 | トップページ | 昆虫食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/16042008

この記事へのトラックバック一覧です: マラリアの脅威:

« Crossover Mac 6.1その後 | トップページ | 昆虫食 »