« まつりつくば2007 | トップページ | 第二次安倍内閣は短命にならなければいいけれど »

2007/08/26

養鶏業者の倒産が急増

070826_1 今日は旧暦の7月14日で、昨日から明日まで盂蘭盆だった。普通は月遅れだけれど、沖縄などでは旧暦で先祖を供養する。

天気が良く、猛暑が戻ってきた感じで、日陰にいても汗が噴き出した。この暑さもあと数日だろう。

午後から3年ぶりに参加しているNPOの年次総会にでた。

今年に入って養鶏業者の倒産が、過去7年間で最高となったらしい。倒産の原因は、飼料につかうトウモロコシの価格が上がっていることにあるということだ。

養鶏は一軒当たりの飼養羽数が多いので、グラム単位で飼料を細かく管理している。だから、1グラムでも10万羽いると、100キログラムになるので、飼料価格が3割も上がると、経営を圧迫することになる。現在卵の価格は安いので、価格に転嫁が難しいから、競争力の無いところは非常に苦しいのだろう。

ここにもバイオエタノールの影響がでているということだ。食肉にも影響がでているのだろう。

|

« まつりつくば2007 | トップページ | 第二次安倍内閣は短命にならなければいいけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/16247811

この記事へのトラックバック一覧です: 養鶏業者の倒産が急増:

« まつりつくば2007 | トップページ | 第二次安倍内閣は短命にならなければいいけれど »