« 昔話に花が咲いた | トップページ | ジンギスカンを食べに »

2007/08/05

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

070804_3シネプレックスのレイトショーで『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を見てきた。

午前0時過ぎに終わる回なのに、満員で、一番上から二列目の端になってしまった。

監督がデイビッド・イェーツに変わったので、またも雰囲気ががらりと変わってしまっていた。

ホグワーツ校の中が、毎回の様に変わってしまっている。一年に一回しか見ていないのに気になるくらいだから、これをDVDで一気に見ると何が何だか判らなくなるのではないだろうか。

映画の内容は、公式サイトにもあるし、説明する必要もないだろう。でも、魔法だから不思議だといわれれば仕方がないけれど、どうも老人には判りにくいところが多かったような気がする。

きたきつねは、映画を見るときには、原作との乖離に悩まないように、原作を読まないことにしているので、話の筋を知らないからといわれればそれまでだけれど、つらいものがある。

防衛術のアンブリッジ先生は、更年期障害の魔女いというところで、良い雰囲気をだしていた。今回は、不思議少女ルーナ・ラブグッドが気味悪い。不思議といえばチョウ・チャンも役回りが良くわからない。中国人の魔女だからだろうか???

一番判らなかったのは、ハグリッドが連れてきた巨人で、関連が全然不明。

シリウス・ブラックが死んでしまった。さて、次回はどうなるのだろうか。

|

« 昔話に花が咲いた | トップページ | ジンギスカンを食べに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/16014679

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団:

« 昔話に花が咲いた | トップページ | ジンギスカンを食べに »