« 緊急手術 | トップページ | ICU三日目 »

2007/09/08

ICU二日目

手術後の反応らしく、熱が高く、尿の出が悪いということで、ICUの滞在が延びることになった。

40度近く熱があるので、水枕と、アイスノンで体を冷やしていた。点滴が、一日8本になっていた。痛み止めの影響で、一日中ぼーっとしている。

夜に救急で、老人施設から認知症の盲目のおばあさんが運び込まれた。誤嚥による肺炎の疑いがあるらしい。不安らしく、「おねーさん」とか「おかーさん」と声を出していた。

その次に、内臓のどこかが悪いらしくおじさんが運び込まれた。精神疾患のあるらしい、幻覚と幻聴があるらしく、怖くなって点滴のチューブを付けたままベットから立ち上がろうとして、看護士に止められることを延々と続けていた。

手術跡の消毒の時に、傷口を見たけれど、鳩尾からへその上まで一直線に切られていた。腹筋が切れているので、体を動かすたびに腹筋を使うので痛いし、深呼吸するのも苦しい。もちろん、痰をだそうとすると非常に苦しい。

寝たままでいると肺が広がらないというので、体を起こして、呼吸の練習道具を使って深呼吸をするけれど、なかなか上手くできない。

そうこうするうちに一日が終わる。一日のほとんどを寝ていたような気がする。

|

« 緊急手術 | トップページ | ICU三日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ICU二日目:

« 緊急手術 | トップページ | ICU三日目 »