« ひとかたまり1千万 | トップページ | Apple Storeへ »

2007/10/07

ちょっとAppleに対して怒りを感じている

きたきつねが、Start MacでMacBookを使っているのを見て、全くPCを使ったことの無かった子供が「私もMacBookを使いたい」ということで、今年の2月にMacBookを一緒に買いに行きました。同時にiPodを買って、デジカメもiPhotoで楽しく使っていたようだった。

Macファンの親ばかで、仲間ができたと喜んでいた。

ところが、4月に電話があって、「フリーズしたので再起動したら、突然?マークが出て動かなくなった」ということだった。離れて暮らしているので、症状が良くわからないので、買って直ぐだったので修理にださせた。

5月の初めに修理が戻ってきて、このときのことは「修理がいっぱい」に書いた。このとき「故障していない」と帰ってきたHDDが再インストールされていて、iTuneとiPhotoのデータが全部無くなってしまったと聞いておかしいと思っていた。

その後、心配なのでバックアップ用にポータブルHDDを買って持たせようとしましたが、「使い方判らないから、今度MacBookを持ってくるからその時にバックアップして」というので、そのままにしていた。

それが、9月の末にまた同じ症状がでて、修理に出してHDDを交換して10月2日戻ってきたのに、今日7日にまたフリーズして再起動したところ?がでて動かなくなったらという電話があった。それにしても修理して、1週間もしないのに同じ現象が起こるのはちょっと理解できない。

根本的になにか問題があるのではと、アップルジャパンのサポートのディスカッションボードを見てみると、同じような故障が起こっているようだ。やはりHDDのクラッシュが原因のようだ。それにしてもHDD交換して直ぐに同じことが起こるということは、ファームウエアに何か問題があるような気がする。

同じような故障が起こって修理もあるはずなので、HDD交換だけでなく、きちんと検査も必要だったのではないか。

MacOSを使ったことがないひとがこのような現象に出会ったときには、全く対処できないし、DVDからブートすることも無理だと思う。話を聞いてみると、サポートの対応は非常に不親切だったようだ。

MacOSのユーザーを増やすには、ユーザーのレベルに合わせた対応が必要ではないだろうか。なんとも釈然としない。三度目の修理に出すように電話したが、初心者は怖くて使う気にならないかもしれない。

折角、MacOSのユーザーが増えたと思ったのに残念でならない。

幸いなことに、きたきつねは過去10台以上のMacintoshを使ってきたが、買って直ぐに故障ということにあったことがなかった。それでも、FirstAidやDiskDocterを使うようなことは多数あるし、HDDクラッシュ2回、急ブレーキの音とともに激突音を聞いたのが1回はあるけれど、それも相当使い込んでのことだからしかたが無いことだった。データは、定期的にバックアップしてあって、ソフトの再インストールの手間だけだった。

iTuneは、誰でも使えるようにできていて非常に便利だけれど、突然Macがクラッシュしてしまいデータが失われると、同期していたiPodのデータを新しく再インストールしたMacのiTuneに戻すことができない。

バックアップしていなければ、数千曲ものデータを新規にCDをiTuneに全て読み込ませなければいけない。そんなことが現実的にできるかどうかだ。

初心者は、普通買って数ヶ月でHDDがクラッシュするなどということは考えもしないから、完全にお手上げということになる。

|

« ひとかたまり1千万 | トップページ | Apple Storeへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとAppleに対して怒りを感じている:

« ひとかたまり1千万 | トップページ | Apple Storeへ »