« ジャパンバードフェスティバル2007 | トップページ | 立冬を過ぎてもまだ冬は遠い »

2007/11/11

ジャパンバードフェスティバル2007二日目はくもり

071111_1今日も朝からジャパンバードフェスティバル2007にでかけた。会場は、昨日の雨の影響で、通路は泥濘で、応急でブルーシートを敷いてあるが、下はヌルヌルで歩きにくいこと甚だしい。

それでも、開催中は雨が降らなかったのが、救いで気温も昨日よりも暖かくなった。

一般市民も見学に来ていて、会場は人が多かった。

071111_2もう一つの会場の手賀沼親水公園を見ていなかったので、シャトル水上バスで移動した。徒歩で15分ほどの距離を10分ほどで到着。

このシャトル水上バスは、通常は土日祝日だけ10月いっぱいの運行だけれど、JBFの会期中だけ特別に運行していて、料金も100円と通常の半額になっている。

ボロボロのFRPの船で、椅子は普通の折りたたみ椅子と面白い。普通はアシ原の沼側から見ることができないし、鳥も比較的近くで見ることができるのが良い。

071111_3 手賀沼親水公園の会場は、地方公共団体やお店が多いし、ライブなども開催していた。

すごいと思ったのは、プラスチック粘土で作った鳥の羽で、本物と変わらない感じに仕上がっていた。壊れそうなくらい薄く仕上がっているけれど、柔らかく曲がるので、壊れにくいらしい。

好みの羽を選んで、ブローチやストラップに加工して貰うことができる。欲しかったけれど、我慢我慢。

071111_4 公園の隣の「水の館」では、「全日本バードカービングコンクール作品展」が開催中で、会場は作品を見る人でいっぱいだった。

初心者のビギナークから、プロレベルのマスターズまで、各部門、レベル毎に受賞作品にブルー(一位)、レッド、イエロー、グリーンのリボンが置かれていた。

人をかき分けて、作品を見てあるいた。どの作品もすばらしいできだった。年々レベルが上がっているようだ。

071111_6 今年のマスターズのライフサイズ部門のブルーリボンは「アリスイ」で、本当に生きているようで、今にも飛んで行きそうだった。

剥製は、形が不自然になることがあるし、管理が悪いと虫食いや劣化する。でも、バードカービングの鳥は、鳥を殺すことなく、より自然な形を再現することができるし、管理も容易だ。そのため、バードカービングの野鳥を、剥製の代りに博物館などで展示されるようになってきている。

071111_5 きたきつねが一番すごいと思ったのは、ヤブサメで、口にくわえた虫までリアルに作られていた。

剥製ではこのような鳥の雰囲気は出すことができないだろう。

二日目は午後3時で終了となり、急いで撤収作業をして帰ることにした。全て片付き、駐車場に向かっているときに、雨が降り出して、どんどん強くなってきた。もう一時間でも早く降っていたら大変だったと思う。

二日連続寒い外にいたので疲れてしまった。

|

« ジャパンバードフェスティバル2007 | トップページ | 立冬を過ぎてもまだ冬は遠い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/17046690

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンバードフェスティバル2007二日目はくもり:

« ジャパンバードフェスティバル2007 | トップページ | 立冬を過ぎてもまだ冬は遠い »