« 鳥風歌 琉球列島の野鳥 | トップページ | 「匠のまつり」を観てから帰る »

2007/11/03

大崎透の陶の動物園

071103_0

今日は「文化の日」。ということで、笠間のきらら館で開催中の陶芸家の大崎透さんの「陶の動物園2007」を観にでかけた。

071103_1 朝、出発するときは、今にも降りそうな曇り空だったけれど、天気予報通り青空が見えてきて、気持ちの良いドライブ日和となった。

国道6号線から、国道355号線で笠間の芸術の森公園の入り口にある「きらら館」に到着。

「きらら館」に入って左側のギャラリーに入ると、陶製の動物たちが迎えてくれた。バードウォッチャーのきたきつねは、フクロウ、シマフクロウ、コノハズク、スズメを一生懸命観て。フクロウの親子が枝に止まっている作品に呼ばれてしまったので、家に連れて帰ってきた。

071103_2

フクロウが4羽大口を開けて笑っている。ディフォルメはあるけれど、フクロウは、ネズミを丸呑みできるくらい、口が開くので観ていて面白い。非常によく観察していると思う。

071103_3

ヤマネが、冬眠中のスタイルで落ち葉の中で丸まっていた。これも連れて帰りたいけれど、うちの猫どもがオモチャにしそうであきらめた。

071103_4

上を見ると、アケビの実にヤマネが乗っていた。

071103_5

スズメたちが、寒いのか体を膨らませて座り込んでいる。一羽だけあくびをしているのが可愛い。

|

« 鳥風歌 琉球列島の野鳥 | トップページ | 「匠のまつり」を観てから帰る »

コメント

やまね。
丸まってるのねこちゃんみたいでかわいいですな。
べびもいきたかったな。

投稿: べび | 2007/11/04 22:19

べびさん

やまねは可愛いですよ。実物は、大きめのクルミくらいの大きさでした。

投稿: きたきつね | 2007/11/07 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/16965452

この記事へのトラックバック一覧です: 大崎透の陶の動物園:

« 鳥風歌 琉球列島の野鳥 | トップページ | 「匠のまつり」を観てから帰る »