« 札幌の夜は更けて | トップページ | 中国鉄道大紀行 »

2007/12/26

北日本の山々

071226_1

朝、ホテルのレストランは、子連れの親子で混雑していた。冬休みに入ってスキーや旭山動物園のツアーのようだ。

ホテルの部屋でメールを見たりしてゆったりしていたら、時間が無くなって、慌てて札幌駅へ。空港行きのエアポートライナーに残り1分でぎりぎりセーフ。次の列車では全く間に合わなかった。走ったので息が切れた。

幸い窓際の席が取れたので、東北と北関東の雪景色を楽しむことができた。途中JALの札幌便とすれ違った。今回は上手く撮影できた。

071226_3

下北半島などは雲がかかってよく見えなかったけれど、いたけれど、 途中から雲がなくなって、岩手県上空からは、日本海までよく見えるようになった。

八幡平のスキー場がよく見えた。駒ヶ岳を過ぎて田沢湖、日本海側の真っ白な鳥海山、月山、朝日岳、安達太良山、磐梯山、日光連山と久しぶりに楽しむことができた。

071226_2

071226_4

071226_5

071226_6

筑波山を過ぎて、つくば市の中心部が見えた。牛久沼、利根川を過ぎて千葉市上空に入る前に急に進路を北に変えたのでビックリした。羽田が混雑しているようで、時間調整に旋回しているようだった。

それにしても、千葉県内には随分沢山ゴルフ場があるものだと感心してしまった。そうこうしているうちに、おきまりの木更津から、東京湾横断道路の上を通って、羽田空港に無事着陸した。

午後から、会議を二つこなして帰ってきた。午後一の会議は、疲れが出て、集中できなかった。

|

« 札幌の夜は更けて | トップページ | 中国鉄道大紀行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/17488996

この記事へのトラックバック一覧です: 北日本の山々:

« 札幌の夜は更けて | トップページ | 中国鉄道大紀行 »