« ソイレント・グリーン | トップページ | 雑草に細い霜が針のように成長して »

2008/01/03

霜柱をザクザクと踏みつぶしながら

080103_1

今日も晴れて冬日。毎朝、子供のように霜柱をザクザクと踏みつぶしながら散歩している。霜柱は地中にある石を持ち上げて、地面の上に運んでいる。だから、春になると、石がなかったはずの花壇に石ころがゴロゴロということになる。

一日ゴロゴロして、読みかけの本や雑誌を読んでいた。昨日、作家の「すずの・とし」さんから届いた自費出版の『一介の者「海野源造の生涯」』を読み始めたところ、引き込まれて一気に読んでしまった。戦後の昭和22年に就職してからの一代記で、昭和40年代まで、終戦後の混乱が続いていたことが判って興味深い。

080103_2 今年80歳になる大先輩の遺言だと思う。この本は印刷部数が200冊以下の私家本なので、もっと多くの人に読んで貰いたいのだけれど、非常に残念だ。

夕方、食事会があってつくばの串焼きの店「四季彩」にでかけた。量が多くて、最後の数品は食べきれなかった。体調が今一つで、お酒を少し飲んだだけで、酔い始めたので、今日は飲まないことにした。

|

« ソイレント・グリーン | トップページ | 雑草に細い霜が針のように成長して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/17567474

この記事へのトラックバック一覧です: 霜柱をザクザクと踏みつぶしながら:

« ソイレント・グリーン | トップページ | 雑草に細い霜が針のように成長して »