« 農の事始め | トップページ | 陰日向に咲く »

2008/02/09

喉の白いムシクイはどこかに消えてしまった

080209_1

今日は七十二候の「うぐいす鳴く」。昨日とうって変わって北西の季節風が吹いて寒くなってきた。数日ぶりに8mm位の氷が張った。午後から雪の天気予報。

東京の水元公園のアシ刈が延期になったということで、情報はないけれど喉の白いムシクイを探しに出かけた。常磐線を金町で降りて、バスで公園に向かい、現場に着いてみると4、5人のバーダーがアシ原の方に望遠鏡やカメラのレンズを向けて待っていた。

聞いてみると、日曜日の雪で居なくなったようだということ。2時間ほど待ったけれど、メジロとシジュウカラの群がアシ原に何度も出入りするだけで、喉の白いムシクイは気配もなかった。

その代り、全く人の存在を無視しているような感じで、愛想の良いスズメ、ツグミ、コサギが3m位まで近づいてくれた。カメラを向けなければ、ツグミとスズメは足下まで来そうな感じだった。

水元公園は良く整備された都市公園で、アシ刈りをしてしまうと鳥が隠れる場所がなくなるのだろう。その代り、公園内の野鳥は、あまり人を恐れない感じがいい。

天気予報通り雪がちらつき始めたので帰ってきた。

【県 名】 東京都
【市町村】 葛飾区
【場 所】 水元公園
【年月日】 2008年2月9日(土)
【時 刻】 9:30~11:30
【天 候】 曇
【観察者】 きたきつね
【環 境】 未設定
【観察種】
  1. カイツブリ           10. セグロカモメ         19. メジロ
  2. カワウ               11. キジバト             20. ホオジロ
  3. ダイサギ             12. コゲラ               21. アオジ
  4. コサギ               13. ハクセキレイ         22. オオジュリン
  5. ヒドリガモ           14. モズ                 23. シメ
  6. オナガガモ           15. ツグミ               24. スズメ
  7. オオバン             16. ウグイス             25. ムクドリ
  8. タシギ               17. エナガ               26. ハシボソガラス
  9. ユリカモメ           18. シジュウカラ         27. ハシブトガラス

|

« 農の事始め | トップページ | 陰日向に咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/40059852

この記事へのトラックバック一覧です: 喉の白いムシクイはどこかに消えてしまった:

« 農の事始め | トップページ | 陰日向に咲く »