« かんなとんこつ | トップページ | こんな日もなければ »

2008/04/05

桜咲く里山へ

080405_1

時には太陽に当たらなければということで、里山散歩にでかけた。初めは肌寒い感じだったけれど、気温が上昇し、昼過ぎから気温が20度近く上がった。

ウグイスとカエルの声が出迎えてくれた。木々の芽吹きが美しい。道を進むとミヤマセセリ、ルリシジミ、ヤマトシジミ、ツマキチョウ、キタテハなど沢山のチョウを見ることができた。

【場 所】 宍塚大池と周囲の里山
【年月日】 2008年4月5日(土)
【時 刻】 9:00~12:00
【天 候】 晴
【観察者】 きたきつねとその一味
【環 境】 雑木林、池、アシ原、水田、畑
【観察種】
  1. カイツブリ           10. ハクセキレイ         19. カシラダカ
  2. アオサギ             11. ヒヨドリ             20. アオジ
  3. マガモ               12. モズ                 21. カワラヒワ
  4. コガモ               13. シロハラ             22. スズメ
  5. ヒドリガモ           14. ツグミ               23. ムクドリ
  6. ハシビロガモ         15. ウグイス             24. ハシボソガラス
  7. トビ                 16. シジュウカラ         25. ハシブトガラス
  8. キジ                 17. メジロ
  9. コゲラ               18. ホオジロ
080405_2

数が少なくなったカントウタンポポが咲いていた。

080405_3

ニオイタチツボスミレ

080405_4

花の香りが良いヒゴスミレ

080405_5

オオスズメバチの女王蜂が地面に落ちていた。脚を動かしていたので、死んではいないようだ。不用意に触って刺されると大変なので、そのままにして移動した。

080405_6

地面近くを動くものがいるので、よく見ると、吻の長いビロードツリアブが沢山飛び回っていた。

080405_7

冬を越した羽の鱗粉がはげていたり、羽がボロボロのキタテハが飛び回っていた。

080405_8

タカの食痕があった。シロハラが犠牲になったようだ。血が全く落ちていないのは、いつ見ても不思議だ。

080405_10

農家の庭先の桃の花の中に、白と桃色の二色の花が一輪咲いていた。

080405_11

モミジイチゴの花が咲いていた。オレンジ色の実がなる六月が楽しみだ。

|

« かんなとんこつ | トップページ | こんな日もなければ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/40780682

この記事へのトラックバック一覧です: 桜咲く里山へ:

« かんなとんこつ | トップページ | こんな日もなければ »