« 暫定税率が復活か | トップページ | 死んだ親をゴミ捨て場に捨てるのか »

2008/04/24

BSEのリスク

今日は『寒の戻りの特異日』で、寒の戻りが起こる確率の高い日だけれど、今日は雨だったけれど気温は高めだった。昨日の最低気温がは3.6度と非常に寒くなっていて、昨日が寒の戻りの日だった。

昨日、吉野家の工場でBSEの病原体が蓄積しやすい特定危険部位の

脊柱が含まれた牛肉が見つかって騒ぎになっている。騒ぎの影響で、吉野家の株価が下落している。

吉野家は牛丼の販売を続けているけれど、当たり前だろう。一生のうちで牛肉を食べてBSEが原因で死亡する10万人あたりの推定人数は0人、喫煙では3万5千人から5万人、受動喫煙では5千人、自動車事故では480人、アスベストでは10人となっている。

ということはリスクから見ると、BSEで大騒ぎする必要がないということだ。それよりもタバコの害はとんでもない死者を出すことになる。ハイリスクのタバコは野放しで、だれも騒がない方がおかしくないだろうか。

|

« 暫定税率が復活か | トップページ | 死んだ親をゴミ捨て場に捨てるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/40983431

この記事へのトラックバック一覧です: BSEのリスク:

« 暫定税率が復活か | トップページ | 死んだ親をゴミ捨て場に捨てるのか »