« BSEのリスク | トップページ | 硫化水素で自殺が増加中 »

2008/04/24

死んだ親をゴミ捨て場に捨てるのか

今日、横浜市ゴミ集積場で毛布にくるまれた遺体が見つかった。死体は近くのマンションに住んでいた85歳の老女だった。

警察が調べたところ、老女と同居していた54歳の次女が死体を捨てたということで、死体遺棄で逮捕された。

常識的に考えるならば、医者を呼んで死亡診断書を貰い、葬儀をすることになるはずだ。異常死の場合は、警察を呼ぶことになる。自分でできなければ、兄弟や親戚に相談するだろうし、相談する相手がいなければ役所に相談するということもできるはずだろう。

それなのに、ゴミとして捨てるというのは尋常ではない。54歳の娘の行動は非常識というか、精神的に問題があるのではないだろうか。

親の年金をあてにして、親が死んだ後も死体を放置して、年金を受け取っていたという事件は時々あるけれど、死体をゴミとして捨てるというのは希ではないだろうか。

|

« BSEのリスク | トップページ | 硫化水素で自殺が増加中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/40984157

この記事へのトラックバック一覧です: 死んだ親をゴミ捨て場に捨てるのか:

« BSEのリスク | トップページ | 硫化水素で自殺が増加中 »