« まぼろし商店街 | トップページ | 福田首相がエキサイト »

2008/04/09

風車の羽根が折れてしまった

080409_1

今日は七十二候の『雁水へ帰る』。まだツグミなどは残っているけれど、多くの鳥達は北へ向かって旅立っている。

西から次々と低気圧がきているので、当分不順な天気が続くようだ。

8日の低気圧で、静岡県東伊豆町の風力発電の風車の羽根が折れてしまった。2基の風車の、3枚羽根のうち一枚が折れて、落下したという。1500kWの風車で、一枚の長さが37mもあるから、人的な被害がでなくて良かった。

2年前に台風で宮古島の風車が鉄塔ごと倒れた事故があったけれど、日本のように、風の変動が大きい条件で設置する風車は強度設計が難しいのだろう。

それよりも、中部電力が発電用石炭の今年の購入価格を昨年の2.3倍の1トン125ドルで前後で購入する契約を結んだらしい。新日本製鉄など鉄鋼大手も鉄鋼向け石炭を3倍で契約を進めるらしい。もちろん、電力料金や鉄鋼製品の値上げということになるだろう。

資源小国の日本は、食料だけでなく、生活全般に厳しい環境に置かれることになるだろう。石油連盟がバイオエタノールを使ったE3ガソリンの普及を邪魔している場合ではないだろう。

|

« まぼろし商店街 | トップページ | 福田首相がエキサイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/40830374

この記事へのトラックバック一覧です: 風車の羽根が折れてしまった:

« まぼろし商店街 | トップページ | 福田首相がエキサイト »