« 成長の限界―ローマ・クラブ人類の危機レポート | トップページ | 鳥のごちそうを横取り »

2008/06/07

里山散歩

080607_1

朝は曇り空だったけれど、青空が顔をだして、散歩日和となった。

今週も土浦市の宍塚大池の谷津田と里山を巡る散歩に出かけた。ウグイスが囀り、チョウやトンボが飛び交う中を、ブラブラと歩くのは気持ちがよいものだ。

今年もオトシブミの作った葉っぱの手紙(揺籃)を見つけることができた。オトシブミの揺籃の工事現場を見たいと思うのだけれど、時々ふらりと見に行くような奴には見せてはくれないようだ。

道々、いつものように「出会い頭」で出会ったものの写真を撮りながら散歩を続けた。

080607_2

草の奥にバッタの子供が隠れていた。

080607_3

道端の鳥の糞にルリシジミが集まっていた。近づいても無視して、一心不乱に何かを吸っているようだ。糞に含まれるアンモニアか尿素がチョウに必要な成分なのだろう。

080607_4

ヒシバッタも大人しくしてくれた。

080607_5

カマキリの赤ちゃんが一人前に鎌を振り上げていた。

080607_6

ツチイナゴの雌が草の中に隠れたつもりで、こちらをうかがっていた。

【市町村】 土浦市
【場 所】 宍塚大池と周囲の里山
【年月日】 2008年6月7日(土)
【時 刻】 8:50~12:00
【天 候】 曇
【観察者】 きたきつね
【環 境】 雑木林、池、アシ原、水田、畑
【観察種】
  1. チュウサギ           10. ヒバリ               19. シジュウカラ
  2. コサギ               11. ツバメ               20. メジロ
  3. アオサギ             12. ハクセキレイ         21. ホオジロ
  4. カルガモ             13. セグロセキレイ       22. カワラヒワ
  5. トビ                 14. ヒヨドリ             23. スズメ
  6. コジュケイ           15. ウグイス             24. ムクドリ
  7. キジ                 16. オオヨシキリ         25. ハシボソガラス
  8. ホトトギス           17. セッカ
  9. コゲラ               18. エナガ

|

« 成長の限界―ローマ・クラブ人類の危機レポート | トップページ | 鳥のごちそうを横取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/41458387

この記事へのトラックバック一覧です: 里山散歩:

« 成長の限界―ローマ・クラブ人類の危機レポート | トップページ | 鳥のごちそうを横取り »