« 上弦の月 | トップページ | アメリカで熱波、洪水、大雪? »

2008/06/10

ぼくたちの七〇年代

ベビーブーマーの高平哲郎さんの『ぼくたちの七〇年代』を読み終わった。

「宝島」初代編集長で、テレビや舞台の構成演出などで知られている高平哲郎さんが1970年代を仕事や遊びで燃えた思い出を綴っている。

1960年から1970年代は、閉塞感のある今の時代と違って、何をやっても新しいという時代だった。だから、いつも先頭を走ることが可能な時代で、未来を感じることができたのだろう。

ちょうどきたきつねの高校、大学、新入社員に重なる時代で、タモリ、所ジョージ、山下洋輔、赤塚不二夫、浅井慎平など当時の新しい文化が芽生え、繁茂し始めたのを同時進行で体験してきたので、非常に懐かしく読んだ。

ただ、きたきつねは田舎で暮らしていたので、知らないことも多い。「宝島」は見たことがなかったし、演劇やコンサートなどとは遠い世界だった。

以前読んだ『平凡パンチの時代』の内容ともつながっていて面白かった。

|

« 上弦の月 | トップページ | アメリカで熱波、洪水、大雪? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/41495555

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくたちの七〇年代:

» 所ジョージ [じゅんこの出来事]
所ジョージのサングラス ・・・所ジョージが出演している番組の『所さんの目がテン!... [続きを読む]

受信: 2008/06/11 12:52

« 上弦の月 | トップページ | アメリカで熱波、洪水、大雪? »