« 丑の日に国産うばぎが増える? | トップページ | 岩手北部地震 »

2008/07/23

脆弱性のあるブラウザー

アメリカのグーグルの公式ブログに面白い記事がでていた。

グーグルのサイトにアクセスするユーザーの約45%は、脆弱性のあるブラウザーを使っているという。そのブラウザーに特徴があって、Internet Explorerが悪く、53%が安全性に問題があるということだ。

Firefoxの83%、Safariでは65%、Operaでは56%が、最新の安全なバージョンかアップデートしたものを使っているということだ。その理由はハッキリ書いていないが、なぜ、Internet Explorerが悪いかというと、パソコンの初心者が買ったままで、古いバージョンやアップデートもせずに使っているということではないだろうか。

少しパソコンを知っているユーザーは、最新バージョンにして、頻繁にアップデートするし、より使いやすいブラウザーを選択しているということにもなるのだろう。

アンチウイルスソフトをインストールしていないパソコンを使っている人も多いし、乗っ取られてスパムメールをまき散らしているパソコンもある。もう少し、セキュリティーを意識してほしいものだ。

|

« 丑の日に国産うばぎが増える? | トップページ | 岩手北部地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/41950831

この記事へのトラックバック一覧です: 脆弱性のあるブラウザー:

« 丑の日に国産うばぎが増える? | トップページ | 岩手北部地震 »