« 六花亭本店でケーキを食べる | トップページ | 「大野病院事件」が無罪 »

2008/08/20

13度のとかち帯広空港から

080820_5

正午の気温が13度のとかち帯広空港から、33度の羽田空港に帰ってきた。帯広駅前の気温は18度で、25キロ離れたとかち帯広空港と5度近く温度差があったことになる。

空港までは、帯広駅前のバスターミナルから空港連絡バスで、麦の刈り跡、収穫直前のジャガイモ、テンサイ、長いも、豆類、デントコーンなどの畑を見ながら約40分のショートトリップ。

とかち帯広空港は、JALグループ専用空港という感じで、羽田、関空、小牧の間しか飛んでいない。手荷物検査場の金属探知機の感度の設定が高くしているようで、ベルトの金具で引っかかってしまった。地方空港の方が、セキュリティーが厳しいようだ。

080820_6

ちょうど名古屋からのJ-AirのボンバルディアCRJ200ERが着陸した。この機材は初めて見た。50人乗りの小型ジェットで、航続距離が3000キロは凄い。このクラスは、今後必要になると思うので、早く三菱のMRJが飛んで欲しいものだ。

|

« 六花亭本店でケーキを食べる | トップページ | 「大野病院事件」が無罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/42225978

この記事へのトラックバック一覧です: 13度のとかち帯広空港から:

« 六花亭本店でケーキを食べる | トップページ | 「大野病院事件」が無罪 »