« 大阪の夜は更けて | トップページ | 四十数年振りの平安京 »

2008/09/01

福田総理政権放棄

ビックニュース。総理大臣が2代連続して、政権を投げ出してしまった。今日、午後9時半頃、福田首相が記者会見で、辞任を表明した。

臨時国会運営が難しいことがはっきりして、国会解散を避けて辞任という逃げを打ったということだ。さらに、新内閣が決まったばかりで、身体検査ミスで灰色の農林水産大臣問題も浮上して、臨時国会冒頭で混乱が必至だったから、いやになってしまったというこだろう。

公明党のバックアップが期待できなくなったということもあるだろう。

民主党が参議院の過半数を握って、法案が思い通りに通らないことも理由にしているけれど、早期国会解散して民意を問うておけばよかったのではないだろうか。

|

« 大阪の夜は更けて | トップページ | 四十数年振りの平安京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/42349704

この記事へのトラックバック一覧です: 福田総理政権放棄:

« 大阪の夜は更けて | トップページ | 四十数年振りの平安京 »