« 産油国が海外の農地確保を奨めている | トップページ | 化学物質はなぜ嫌われるのか »

2008/09/10

カメラの「YASHICA」ブランド復活

080910_1

今日は、立春から220日目の「二百二十日」。気温が上がらず、湿度も低いので、快適な一日。

今日の昼休みの散歩の時に、二番目に会いたくない虫に会ってしまった。それはチャドクガで、こいつのそばには近づかない方がいい。不用意に触ると毒針が刺さってひどいことになる。

自民党の総裁選挙は五人も立候補者がでた。もうお祭りだ。

北朝鮮の金正日総書記が、昨日の平壌での閲兵式に姿を見せなかったことで、重病説がでている。韓国の国家情報院によれば、「脳卒中または脳溢血」で手術をしたということで、回復に向かっているらしい。しかし、確たる情報ではないので、今後の推移を注目していかなかればと思う。

「YASHICA」というカメラメーカーを覚えている人は、比較的年齢が高いのではないだろうか。「YASHICA」といえば、「エレクトロ35」というカメラで、ロウソクの光でも写るというコマーシャルで一時代を築いたけれど、経営不振で昭和58年に京セラに買収され、平成17年に「YASHICA」ブランドのカメラから撤退している。

知らなかったけれど、平成18年から香港の企業が「YASHICA」ブランドのデジカメを作っていたらしい。

今度、「YASHICA」ブランドを日本国内でも復活することになったらしい。10月からデジカメ、ビデオカメラを発売するということだ。どんな製品が出てくるかちょっと興味がある。

080910_2

今日の他の収穫は、オオスカシバの産卵。

080910_3

ベニイトトンボアジアイトトンボ

|

« 産油国が海外の農地確保を奨めている | トップページ | 化学物質はなぜ嫌われるのか »

コメント

YASHICA エレクトロ35は家で最初に買ったカメラで今でも持ってます(たぶんシャッターも普通に切れるのでちゃんと動作しそう)。

新しいデジカメの発売も楽しみです。

ちなみに最期のイトトンボはアオモンかアジアの若い♀なんじゃないかと思います。

投稿: 西村 | 2008/09/10 23:45

にしむらさん

昔のカメラは、不思議とちゃんと動きますね。裏蓋のモルトプレンがダメになっていることがあっても、メカはしっかりしています。

ロシアの「ロモ」のような絵が撮れるといいのですがcoldsweats01

別の角度からの画像を見て、図鑑を調べると、アジアイトトンボの♀のようですね。有難うございます。文房具は強いのですが、虫は難しすぎます。

投稿: きつきつね | 2008/09/11 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/42438009

この記事へのトラックバック一覧です: カメラの「YASHICA」ブランド復活:

« 産油国が海外の農地確保を奨めている | トップページ | 化学物質はなぜ嫌われるのか »