« 疲労回復の一日 | トップページ | 緒方拳死す »

2008/10/06

高校時代の思い出

081006_1

昨夜は比較的強い雨が降っていたけれど、今日は午前中は雨。北よりの風が吹いて20度を越えなかった。

歩いていると微かに金木犀の花の香りがする。探してみたけれど、判らなかった。金木犀が咲くと神無月に入ったという感じがする。

高校の同期の小説家佐々木謙君のブログに、次のように高校生の時に学校内であった、女子校化反対運動のことが書いてあったが、全く心当たりがない。

それは、北海道教育委員会があの高校に、あの種類の教諭を送り込んできた理由に行き着く。北海道の高校の再編計画で、わたしの出身高は女子高(家庭科高) となることが発表され、職員の一部は反対運動に立ち上がった。当然生徒たちも反対。そこに送りこまれてきたのが、Mという校長で、徹底した「管理」と「恐 怖政治的人事」によって、反対運動を封じ込めた。教頭は同じわたしの高校で平教員に格下げされ(露骨なみせしめ人事だ)、反対派教員の多くが飛ばされた。

きたきつねの高校生活3年間は、ベースを弾いていたエレキバンドが迫害を避けフォークグループに変り、毎日ギターに明け暮れていたけれど、周りで起こったことを何も感じずのほほんと生きていたのだろうか。

M校長というのは、息子をラジオ講座を聞かせて東大に入れたと公言し、受験勉強至上主義のガチガチの教師だった。だから、クラス分けも国立理系、文系、私立理系、文系と成績順にされて、競争させられたのだろう。先日亡くなった同級生は、そんな受験勉強の申し子のような生徒だった。

確かにあの高校には愛着は無いし、卒業したことを誇りに思うこともない。そういえば、随分昔に新聞に出身校の特集を組むので名刺広告を出せという勧誘の電話があって、なんといって断ったか忘れたけれど、多分好きじゃないといったことをいったのだろう。相手が「皆さんそういって断られます」といわれたことは覚えている。

それにしても記憶というのは、不思議なものだ。



|

« 疲労回復の一日 | トップページ | 緒方拳死す »

コメント

エレキベースなんてやってたんすか!
初耳。

あたしも高校嫌いー。

投稿: まる | 2008/10/07 22:57

まるさん

グループサウンズ全盛の時代ですからね。アンプが買えなかったので、自分で作ってしまいました。

投稿: きたきつね | 2008/10/07 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/42707957

この記事へのトラックバック一覧です: 高校時代の思い出:

« 疲労回復の一日 | トップページ | 緒方拳死す »