« 緒方拳死す | トップページ | ノーベル化学賞に下村脩さん »

2008/10/07

金木犀の花が咲いていた

081007_3

穏やかな秋の日差しの中に、金木犀の花が咲いていた。

いつもトイレの芳香剤の香りと思うけれど、自然の中の香りは優しい感じがする。

秋が深まり寒くなる前、卵を産んだり、冬ごもりの準備をする虫達がうごめいている。きたきつねは、鳥目から少し虫目が効くようになってきた。というか餌になる植物を探すと、いいことが判ったのも大きいかも。

081007_4

アイの花にホソハリカメムシがとまっていた。食草はイネ科だと思うけれど、綺麗な花に止まっていた方が絵にはなる。

|

« 緒方拳死す | トップページ | ノーベル化学賞に下村脩さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/42717259

この記事へのトラックバック一覧です: 金木犀の花が咲いていた:

« 緒方拳死す | トップページ | ノーベル化学賞に下村脩さん »