« 今日はきたきつねの生誕祭 | トップページ | 久し振りに麻雀 »

2008/11/27

茨城空港はただの2500mの真っ直ぐな道路になるのか

081127_1

今日は七十二候の「北風木の葉を払う」。朝から冷たい雨が降って、気温が8度を越えずに寒い一日。「ノーベル賞制定記念日」、「更正保護記念日」。

茨城空港のコマーシャルが入った「伊右衛門」を見つけた。どんなに宣伝しても、エアラインが決らなければ、茨城空港はただの2500mの真っ直ぐな道路でしかない。

ガソリンの値段がどんどん下がっている。今日、いつものガソリンスタンドで昨日まで117円だったレギュラーが116円になっていた。会員価格だと114円。まだまだ下がるのではないか。

20日の経済財政諮問会議の議事要旨が公開された、その中で議長の麻生首相の発言が問題になっている。議事録を読むと、前後の議論と関係ない不規則な発言で、非常に不用意なものとなっている。

(麻生議長) 67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる。彼らは、学生時代はとても元気だったが、今になるとこちらの方がはるかに医療費がかかってない。それは毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている。たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ。だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブがないといけない。予防するとごそっと減る。 病院をやっているから言うわけではないが、よく院長が言うのは、「今日ここに来ている患者は 600人ぐらい座っていると思うが、この人たちはここに来るのにタクシーで来ている。あの人はどこどこに住んでいる」と。みんな知っているわけである。あの人は、ここまで歩いて来られるはずである。歩いてくれたら、2週間したら病院に来る必要はないというわけである。その話は、最初に医療に関して不思議に思ったことであった。 それからかれこれ 30年ぐらい経つが、同じ疑問が残ったままなので、何かまじめにやっている者は、その分だけ医療費が少なくて済んでいることは確かだが、何かやる気にさせる方法がないだろうかと思う。

こんなことを言い出すと、保険や年金制度など根底からひっくり返るのではないか。きたきつねだって税金を払っているけれど、そんなことを考えたこともない。

|

« 今日はきたきつねの生誕祭 | トップページ | 久し振りに麻雀 »

コメント

過激な発言しますね、総理。
ここまでくるとお見事です。
時間の問題ですねー。

投稿: まる | 2008/11/28 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/43247791

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城空港はただの2500mの真っ直ぐな道路になるのか:

« 今日はきたきつねの生誕祭 | トップページ | 久し振りに麻雀 »