« 「乙戸沼公園」でドバンに会う | トップページ | ちょっと厚い氷が張った »

2008/12/14

MacBookのHDを換える

081214_1

今日は『南極の日』。今日は午前中雨。北風が吹いて気温が下がって、寒い一日となった。面白いのは、最高気温が午前3時になったことだ。筑波山に雪が降った。

MacBookの120Gのハードディスクの容量が少なくなってきたので、容量を増やすことにした。秋葉原のARKで東芝の320GのHD(MK3252GSX)とWindowsXP HOME SP3のセットを買ってきた。2万円以下で買うことができた。

早速、MacBookを裏返して、バッテリーと金具をはずし、本体からHDを取り出て、新しいHDを入れて終了。T8のトルクスドライバーは以前PowerBookのHDを交換したときに買ってあった。PowerBookの時は分解に近い作業だったから、その時と比べると簡単というかあっけなかった。それでも間違えないように、デジカメで手順を撮影しておいたけれど、必要が無かった。

MacBookをDVDで立ち上げて、MacOSX10.5をインストールする前にパーティションを設定したのが大間違いの元だった。BootCampでWindowsをインストールしようとして、パーティションを設定してはいけなかったことがわかって、再度フォーマットしなおしてMacOSXをインストールし直しすることになってしまった。

TimeCapcellで、バックアップしてあったアプリケーション、データ、設定などを『復元』して、HDを交換する前の状態に完全に戻すことができた。これも時間がかかること以外、簡単すぎてあっけないほどだった。元の状態になったことを確認して、Windowsのインストールを開始した。

BootCampアシスタントでWindowsをインストールするのも非常に簡単だったけれど、「BootCampインストールと設定ガイド」をプリントしておいて、いくつかのポイントを確認しておくことは必要だと思う。

WindowsXP HOME SP3をインストールして、MacOSX10.5のディスクから必要なドライバーなどをインストールして、MacBookでWindowsが使えるようになった。あとはいくつか必要なソフトをインストールするのだけれど、その前にアンチウイルスソフトを買ってこなければいけないので、それまではWindowsはネットにつながずに使うことになる。

|

« 「乙戸沼公園」でドバンに会う | トップページ | ちょっと厚い氷が張った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/43422368

この記事へのトラックバック一覧です: MacBookのHDを換える:

« 「乙戸沼公園」でドバンに会う | トップページ | ちょっと厚い氷が張った »