« エンジンの警告ランプがついた | トップページ | WTIが1バレル43.67ドルに »

2008/12/04

車の酸素センサーを交換してきた

081204_1

今日も天気が良く、気温も11月中旬の陽気。

夕方、車の酸素センサーを交換してきた。勘違いをしていたようで、この酸素センサーは排気の酸素濃度を測っているということだ。確かに、入気の酸素濃度を測っても、いつも同じだから意味がない。

天皇陛下の体調が悪いということで心配だ。ご公務が多すぎるのだろう。

道路交通法の改正がまた行われるようで、飲酒運転の罰則がさらに強化されるようだ。酒気帯び運転は、これまで免停90日だったものが、一発免許取り消しになる。酒酔い運転で事故を起こした場合には、再度免許が取れるまでの期間が、3〜7年にされる。

飲酒運転する人は、確信犯なので、これくらい厳しい処分でいいと思う。ただ飲酒運転が見つからないように、ひき逃げする犯人がさらに増えるのではないかと心配だ。

|

« エンジンの警告ランプがついた | トップページ | WTIが1バレル43.67ドルに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/43320264

この記事へのトラックバック一覧です: 車の酸素センサーを交換してきた:

« エンジンの警告ランプがついた | トップページ | WTIが1バレル43.67ドルに »