« 今日は旧暦の『正月』 | トップページ | 茨城空港は本当に2500mの直線道路になりそう »

2009/01/27

「国際再生可能エネルギー機関」の設立総会

090127_1

少し体調が良くなってきたので、三日振りに朝の散歩にでてみた。霜が降りているけれど、何となく春めいてきている感じがする。

昨日26日に、太陽光や風力発電など再生可能エネルギーの利用促進を目指す初の国際機関として「国際再生可能エネルギー機関」(IRENA)の設立総会がドイツのボンで開催された。設立条約に署名したのは75カ国だったけれど、相変わらずというか日本、米国、ロシア、中国、ブラジルが署名を見合わせたということだ。

各国が同床異夢という状態では、地球温暖化対策などできるとは思えない。

山梨県と東京電力が山梨県甲府市の約20ヘクタールの造成地に国内最大級の出力約1万キロワットの太陽光発電所を建設することを発表した。2010年に着工し、2012年の運転開始を目標にしているらしい。雪が降る内陸の太陽光発電所は本当に上手くいくのだろうか。

アメリカの雇用環境の悪化は急速になっているようだ。昨日26日一日で、キャタピラー、GM、ファイザーなど大企業が人員削減を発表したけれど、合計が5万9000人と極端だ。今年に入って13万人となり、失業率も7%を軽く越えてしまったようだ。オバマ大統領の雇用創出に期待するしかないだろう。

|

« 今日は旧暦の『正月』 | トップページ | 茨城空港は本当に2500mの直線道路になりそう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/43876899

この記事へのトラックバック一覧です: 「国際再生可能エネルギー機関」の設立総会:

« 今日は旧暦の『正月』 | トップページ | 茨城空港は本当に2500mの直線道路になりそう »