« 昔の「成人の日」 | トップページ | マンサクのつぼみから花びらが »

2009/01/16

バードストライクでエンジン停止

090116_1

今日は「籔入り」。「晴れの特異日」で快晴。今時「籔入り」という言葉自体死語になってしまっている。古典落語の中に微かに残るだけだろう。

今朝は車の窓に霜が降りていなかったけれど、氷はしっかりと張っていた。乾燥していて霜になる水分が空気中になかったということだろう。

散歩から帰って、テレビを見たらニューヨークのハドソン川に飛行機が浮いていてビックリした。バードストライクでエンジンが2基とも止まってしまって、緊急着水したということだった。

それにしても寒波のニューヨークで水面に着水して、乗客、乗員155人全員無事で、死者が出なかったというのは奇跡的だ。A320は160席位の国内線用の機材だから、ほぼ満席だったのだろう。パイロットの判断と操縦技術が賞賛されているようだ。

この時期は、ガンやカモ、カモメが群で飛ぶので、大型の鳥がエンジンに吸い込まれると、タービンブレードが折れたりして、大事故の可能性があるのだろう。

先日見た映画の「ハッピーフライト」でもバードストライクがトラブルの原因だった。映画の中で、羽田空港の「バードさん」という散弾銃を持って鳥が滑走路に近づかないようにするスタッフをベンガルさんが演じていた。

歯ぎしりの原因が胃食道逆流症(GERD)の症状の一つらしい。胃食道逆流症の治療をすると歯ぎしりが改善する症例が意外と多いらしい。歯ぎしりはストレスが原因かと思っていたけれど、全く想像も付かない原因があるものだ。

きたきつねも昔歯ぎしりをしていたけれど、毎日ではなく、疲れたときにキリキリと音を出していたらしい。友人で猛烈な歯ぎしりを毎日するのがいて、一緒に旅行したときに、寝ることができなくて往生したことがある。

|

« 昔の「成人の日」 | トップページ | マンサクのつぼみから花びらが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/43761419

この記事へのトラックバック一覧です: バードストライクでエンジン停止:

« 昔の「成人の日」 | トップページ | マンサクのつぼみから花びらが »