« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/28

アライグマの驚異

090228_1

今日は七十二候の「草木萌え動く」。午後から東向きの風になり少し寒さがゆるんだ感じがする。今月の中ぐらいからヒバリが囀り始めている。

午後は土浦市で「アライグマの勉強会」を聞きに行ってきた。土浦市の里山で去年と今年アライグマが捕獲されていて、自然生態系への影響を考えると放置できないということで、北海道大学の先生と千葉県の職員に来て貰って現状と対応策などについて講義を聴いた。

北海道の勇払原野でアライグマが大繁殖している話は聞いたことがあるけれど、日本各地にアライグマが広がっているらしい。生息密度の高いところでは、お寺や古い家屋の屋根裏に入って糞尿をしたり、子供を産んだりして、問題を起こしているということだ。

続きを読む "アライグマの驚異"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京フィルハーモニーを聴きに

090227_3

NHKの公開録音の抽選が当たったので、東京フィルハーモニー交響楽団を聴きに牛久市の中央生涯学習センターにでかけた。お約束で、演奏中の撮影はなし。

指揮は、円光寺雅彦さんで、チェロは遠藤真理子さん。

プログラムは、チャイコフスキーのバレー組曲「白鳥の湖」、「ロココ風の主題による変奏曲」、ブラームス「交響曲第4番 ホ短調」の3曲。

クラシックのコンサートは久し振り。生の演奏は、やはり体全体で音を楽しむことができた。平日に東京にでてコンサートを聴くのはなかなか難しいので、近くでコンサートは嬉しい。

続きを読む "東京フィルハーモニーを聴きに"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/27

一気に真冬に逆戻り

090227_1

北北東の風にのって朝のみぞれが、昼前から雪になった。気温が上がらず、昼過ぎに最低気温0.3度になった。

日が長くなって、春が近づいて来たと思っていたのに、一気に真冬に逆戻り。

なんだか色々な仕事が降りかかってきて、交通整理が着かなくなってしまっている。知らん振りしていると、誰かが「これどうなっています」といってくるので、それまで待つことにしよう。

続きを読む "一気に真冬に逆戻り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/26

ちゃぶ屋 とんこつ らぁ麺

090226_2

秋葉原に出たついでに、ヨドバシAkiba「ちゃぶ屋 とんこつ らぁ麺 CHABUTON」でとんこつ らぁ麺をたぐってきた。

TVチャンピオン「ラーメン職人選手権」優勝の森住康二プロデュースのとんこつラーメンというので、一度食べてみようと思っていたので、良い機会だった。といっても「柳麺ちゃぶ屋」のフランチャイズ店ということで、オリジナルという訳ではない。

だからメニューには「ちゃぶ屋流 とんこつらぁ麺」となっていてちゃんと「風」と書いてあった。

それなりに旨いと思う。麺がきたきつね好みの細麺というのもよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

置き石で電車が遅延

090226_1

今日は『2.26事件の日』。怪しい空模様だったけれど、昼過ぎに雨になった。

東京に出るために駅に向かって線路沿いを歩いていると、上りホームに特急と快速が停まっているのが見えた。また人身事故で停まっていると、会議に間に合わないと思いながら、駅に着くと、二つ先の駅の先で「置き石があって、点検している」と放送していた。

電車に乗って待っていたら、10分ほどで発車した。実に迷惑なことだ。乗ろうと思っていた電車とほぼ同じくらいの時間で目的地に着くことができたので、良かった。

それにしても、電車への飛び込み自殺が多い。

続きを読む "置き石で電車が遅延"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/25

スパムより酷いメーリングリストがある

090225_1

今日は旧暦2月1日。日中は西向きの風で気温は上がらず、夕方から東向きの風に変わり気温が上がってきた。

なんだかオフィスにいないと、ゴミが沢山溜まっていて、片付けが大変だ。

何となく忙しい今日この頃なのに、金曜日の夜から月曜日の朝までメールシステムが止まるらしい。最初2月27日から3月2日までというアナウンスがあったときに、一週間近く止めるのかとビックリしたけれど、よく考えると今月は28日までしかない。

続きを読む "スパムより酷いメーリングリストがある"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大崎透の秘密『動物の置物をつくる』

家にあるフクロウの親子の置物の作者の大崎透さんと四人の陶芸家が、それぞれの作品の作り方を詳しく見せてくれる『動物の置物をつくる』を見つけた。

うちの家族になったフクロウの親子の作り方がでていた。いつもこの種の本を見ていると、何だか簡単にできそうな気分になるのが不思議だ。

簡単そうだけれど、そうは問屋が卸してくれそうにないことは、これまでの経験で身にしみているけれど、作ってみたくなる。

陶器を焼くための窯があるわけではないので、陶器はむりだけれど、石粉粘土で作ってみようと思ってきた。石粉粘土だと、芯を使えるのでもっと簡単にできるかもしれない。

むくむくと作りたい虫が起きてきた。

続きを読む "大崎透の秘密『動物の置物をつくる』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/24

昼食は大失敗

090224_1

今日も北風が吹いて、寒い一日。午後から雨になった。

今日は、東京で会議のダブルヘッダー。合計8時間、よく働いた。

朝、会議の少し前に着いたので、ドトールで「カフェカプチーノ」。外で飲むコーヒーは「カフェカプチーノ」か「カフェラテ」のどちらかになってしまった。

昼食は大失敗。九段坂上の居酒屋「こだわりや」というところに入って、「唐揚定食」(780円)を頼んだら、30分くらい待たされて出てきた定食を見てのけぞってしまった。

続きを読む "昼食は大失敗"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視野検査に行ってきた

090223_3

今日の夕方は、去年から視野に影が見えていた左目の検査のために休みを取って病院へ。最近は、ほとんど影が見えなくなっているので、随分良くなっているはずだ。

最初に視力検査をして、視野検査をした。これがなかなか難しい検査なのだ。いつもは暗室にるように暗幕で覆われているので検査装置の全体を見たことがなかったけれど、今回は良く見ることができた。

検査技師の女性に撮影してもいいかと聞くと「どうぞご自由に」といいことだった。あやしいオジイと思われたかも。

続きを読む "視野検査に行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/23

「阿川佐和子のこの人に会いたい」地井武男

先週発売の週刊文春(2月26日号)の対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」は、俳優の地井武男さん。地井さんは自称プロのウォーカーで、テレビ朝日の月曜から金曜日の午前中の番組「ちい散歩」という番組を持っているらしい。

その中で印象に残ったところ。

阿川 確かに昨日と今日とまったく同じ空、なんてことはありませんしね。
地井 僕、六十六歳になって、自分が死ぬのもそう遠い将来じゃないっていうことが見えてきたの。そうすると、人生の一瞬一瞬に、男を磨く材料が降り注いでいるように思うんです。だから駐車場に車停めるのも、どういう停め方したらキザにならず、男を磨くことになるか考えたりします。
阿川 男を磨く!?
地井 最近池波正太郎さんの本にハマッてるせいもあるんだけれど、残り年数が少ないから、一つ一つきちんとしておきたいと思うんです。散歩もそうなんだよね。一歩ずつ違う。そういうことを考えながら歩いているといい。
阿川 カッコいい!

続きを読む "「阿川佐和子のこの人に会いたい」地井武男"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

54回目の献血

090223_1

今日は、七十二候の「霞始めてたなびく」。皇太子誕生日。

短期予報通り朝から雨で、昼間で続いた。気温が上がらず寒い。こんな天気が過ぎると、春が来るのでガマン。

日赤の献血車がきていたので、昼休みに2年10ヶ月振りの献血。手術していたので、様子を見ていたので、随分間が開いてしまった。今回で54回目。

献血のシステムもどんどん変わってきていて、受付は初めての人以外は受付票の住所などを記入しなくても、ネットにつないだパソコンでデータを確認して、プリンターで打ち出してくれた。カードを忘れたので、カードがあるともっとスムースにいくらしい。

続きを読む "54回目の献血"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話 』

西原理恵子さんの子供向け啓蒙書(?)『この世でいちばん大事な「カネ」の話 』が気になったので、読んでみた。

なんとさいばらりえぞおの人生の波瀾万丈なこと。きたきつねの生きてきた世界と違いすぎて、なんとコメントしていいか・・・・・。

書名から受けるのと違い、西原さんは単純に銭ゲバを勧めているわけではない。確かに生活していくためにはお金は必要だし、貧困から抜け出すにはお金は絶対必要だ。

でも、どんな境遇でも目標を持って一生懸命頑張ることが大切でだということを、ちょっと違う視点から書ているのだ。

 よく「自分に向いている仕事がない」っていう人がいるけれど、食わず嫌いしているってこともあるんじゃないかな。やってみなきゃわからない、そんなことって、この世界には、いっぱい、あるからね。自分のことをやる前から過大評価していると、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれない。

続きを読む "西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話 』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の顔

090222_13

いつも見ている自販機の横にある缶とPETのゴミ箱だけれど、今日見てみると何だか顔に見えてきた。

スターウォーズのデススターの兵隊のような感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/22

真壁のひなまつりを食べる

090222_7

090222_8 昼近くなってお腹が空いてきたので、常陸秋そばの手打ちそばがあったので、食べることに。「いわせ蕎麦の会」という隣の市岩瀬のそば打ちの腕自慢が来ているとということだ。見た目に良いそばなのだけれど、茹で温度が低かったのか少し柔らかめだった。

別の場所では、地元のそば打ちの腕自慢のけんちんそばを出しているところもあった。2杯は食べられないので我慢。

続きを読む "真壁のひなまつりを食べる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真壁のひなまつり

090222_1

今日は天気も良く、風も弱かったので、今年も桜川市真壁のひなまつりにいってみた。

幸い市役所の真壁支所の駐車場に駐めることができた。街に近い場所に有料駐車場があって、1日200円で駐められるようだ。

090222_0 お雛様が沢山飾ってある街の中心部は、結構な人出で、店舗や個人住宅の狭いスペースに飾ってあるお雛様は、人の肩越しにのぞき込まなければいけない。

きたきつねたちは、昨年回ることができなかった、街の周辺のお雛様を見て回ることにした。ゆっくりと、お雛様を飾っている家の人と話ができたり、お茶や甘酒をご馳走になったり、ブラブラすることができた。

続きを読む "真壁のひなまつり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Birds of East Asia: China, Taiwan, Korea, Japan, and Russia

随分長く待っていたMark Brazilさんの『Birds of East Asia: China, Taiwan, Korea, Japan, and Russia』が今月発行された。ニュースを聞いて直ぐにAmazonに予約を入れておいた本が今日届いた。

東アジアの鳥という書名の通り、中国、台湾、韓国、日本、ロシアで観察できる985種の鳥と、19種の観察できる可能性のある鳥を収録している。

20日の東京新聞にでていた、日本初記録のウスハイイロチュウヒ(Pallid Harrier)はもちろん掲載されている。

分布域の地図があって、赤:[Summer range]、緑:[Resident]、橙色:[On migration]、青:[Winter range]、桃色[Scarce]に色分けされている。日本で繁殖しているといわれている、ワシミミズクは、北海道の北部に桃色が塗られている。

続きを読む "Birds of East Asia: China, Taiwan, Korea, Japan, and Russia"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車のメンテナンスは忘れずに

090221_2

久し振りに車のボンネット開けてみたら、クーラントとパワステオイルがMinのラインを割っていた。ウインドウォッシャー液も無くなっていた。クーラントとウォッシャー液は買い置きがあったので、補充して完了。

パワステオイルは無かったので、犬のエサを買うついでがあったのでホームセンターで小瓶を買ってきた。やはりこまめにボンネットは開けなければ。

続きを読む "車のメンテナンスは忘れずに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/21

うどんを食べてきた

090221_1

天気は良かったけれど、気温は低めで、風が強い一日だった。北日本では強い風雪で、交通が乱れているようだ。

昼は、近くの丸亀製麺でうどんを食べてきた。午後1時近かったけれど、沢山の人が並んでいた。一応自家製麺で打ち立て、茹でたてのうどんというのも良い感じだ。小麦粉の入った袋が置いてあったけれど、北海道産の小麦ということで、これも気に入った。

本場の讃岐うどんに比べると値段は高めだけれど、二人で900円位でというのはこの辺りにすれば手頃な値段といえる。近くに手頃な値段のうどん屋があるのは、なかなか良いものだ。

今日は東海道新幹線の駅で飛び込み自殺で重傷、上越新幹線で走行中に飛び降り自殺で死亡と、新幹線で人身事故が2件も起こっている。ローカル線では毎日のように列車への飛び込み自殺が起きていて、新聞に報道されないものも含めると相当な数になるのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/20

富山和子さんの講演「水と緑の国、日本」

090220_2

午後、つくば市で水の文化研究所理事長の富山和子さんの講演があったので、聞いてきた。

水と緑と土を守ことが、人の命を維持するために大切であるということを、非常に判りやすく話された。最近は、若い世代や都市生活者が農業から距離が大きくなってしまい、農業に関する常識がないので、畦とか代掻きとか基本的なことも話をしなければならないので、短い時間で話すことが難しくなっているということだ。

持続的社会を実現するためには、日本の気候風土に合った米作りを大切にしていかなければいけないと、強調されていた。

水と森を失ったときに、人は生活の基盤を失うという考え方は、きたきつねとも同じなので、共感しながら話をきいていた。

続きを読む "富山和子さんの講演「水と緑の国、日本」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久し振りの雨

090220_1

低気圧の通過で、昨夜からの雨が午前中続いた。久し振りの雨で、土埃が押さえられるだろう。東北・北海道は大荒れのようだ。

一昨日、元全日本スキー連盟ジャンプ部長の笠谷昌生さん(74歳)が亡くなった。合掌。札幌オリンピックの70メートル級ジャンプの金メダリスト笠谷幸生さんお兄さんで、日本のジャンプのメダル独占の立役者だった。オリンピック後も長い間、ジャンプ競技を支えていたはずだ。

昨日は、お笑いトリオ元「ナンセンストリオ」の前田隣さん(72歳)が亡くなった。合掌。忍者の格好をして「親亀の背中に子亀を乗せて~」のギャグは印象に残っている。

いつも自分の年齢を忘れてしまっていて、訃報を聞いて年齢を見るとエッと思ってしまう。札幌オリンピックの頃と言えば、きたきつねはまだ20歳台前半で、笠谷さんは30歳だったのだ。

続きを読む "久し振りの雨"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/19

武道館の屋根の上の擬宝珠

090219_1

今日も冬日。晴れの日は霜が降りて家々の屋根は白くなっている。地面はずっと雨が降っていないので、乾燥していて霜柱ができていない。

本当に久し振りに地下鉄「九段下駅」近くで会議があって出かけた。何年振りだろう。国立近代美術館を見にきたのが10年以上前になる。武道館の屋根の上の擬宝珠も久し振り。

会議の帰りに靖国神社の参道を歩いて見た。なんとも巨大な鳥居だこと。

続きを読む "武道館の屋根の上の擬宝珠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/18

今日は二十四節気の『雨水』

090218_1

今日は二十四節気の『雨水』、七十二候の『土が潤い起る』。月曜日から冬日が続いている。

世帯の構成人数の減少を反映してNHK「きょうの料理」の材料表示が春から二人分に変更になるらしい。この番組が昭和32年に始まった時は、五人分だったけれど、核家族化の影響で昭和40年に四人分に減り、今回はさらに半分になってしまった。

スーパーの肉売り場のパックも200グラムくらいのものも多いし、野菜の一個売りも普通になってきているようだ。きたきつねも単身赴任の時には、少量パックがありがたかった。

続きを読む "今日は二十四節気の『雨水』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/17

予想通り、中川財務大臣が辞任

090217_1

今日は旧暦1月23日、下弦の月。昨日までの4月末のような陽気から一転して寒さが戻ってきた。散歩コースの麦畑では、元気に麦が育っている。

予想通り、中川財務大臣が辞任した。G7という重要な会議で、日本のプレゼンスを下げるような、醜態を晒した責任は非常に重い。あの記者会見での中川大臣の様子は、海外メディアにも取り上げられている。

麻生首相は一旦、中川大臣を辞職させず、続投を表明しておきながら、辞表を受け取るというのも曖昧な態度は、いかがなものか。情勢判断が甘過ぎはしないか。

続きを読む "予想通り、中川財務大臣が辞任"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/16

『曳き屋』を知っているだろうか

090216_2

忘れていたけれど、昨日の日没で狩猟期間が終了。これで、鳥達は落ち着いて北帰航に備えることができるだろう。

散歩コースの蕗の薹は、先週中頃に開き始めていたけれど、綺麗なものがなかなか無かったけれど、ようやく今朝みつけた。どんどん春になってきている、

090216_1 車の窓に黄砂が溜まっていた。昨夜は風が弱かったので、降ったようだ。

今朝の朝日新聞の漫画「ののちゃん」に『曳き屋』というのが出てきた。『曳き屋』というのは、家を建ったまま別の場所に移動することだけれど、最近は見たことがない。

続きを読む "『曳き屋』を知っているだろうか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/15

筑波山梅園

090215_1

午前中は曇りだったけれど、午後から日が射し始め、気温が14度を越えて暖かくなった。

来週から筑波山梅園では、『梅まつり』が始まって、混雑するし、駐車場も有料になるので、早めに行くことになった。同じことを考える人が多いようで、梅園の駐車場は混んでいて、何とか駐めることができた。

梅園の白梅は2、3分咲きといったところで、紅梅は8分咲きだった。梅園の中を歩くと、ほのかに梅の香りがしていた。

続きを読む "筑波山梅園"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

090214_2

今日の夕方、ブラピ主演の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を見てきた。

老人の姿で生まれて、どんどん若返り、最後は乳児の姿で老衰で死ぬベンジャミン・バトンという孤児の物語で、実に数奇な人生だ。

ベンジャミンが成長してゆく過程は、非常に自然に表現されていて、背景の時代考証も良くセットや小物まで行き届いているところはさすがだ。お金がかかっているというよりも、きちんとウソをつこうという姿勢がすばらしい。

続きを読む "映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートを貰った

090214_1

今日は「聖バレンタインデー」。チョコレートメーカが一年分の大半の売り上げを達成できる日ではないだろうか。きたきつねも一応3箱チョコレートを貰った。良くわからないけれど、高級チョコのブランドものらしい。

昨日強い南風が吹き込んだ影響で、気温がグングンと上がり、24度と4月中旬の気温となった。それにしても昨夜の風はすごかった。電線が鳴って、屋根がガタガタと音がしていた。

早朝、雨がパラついたので、心配したけれど、昼頃から天気が良くなった。全国的に気温が高かったようで、関東・東海地方で夏日になったところが10ヶ所もあったらしい。

続きを読む "チョコレートを貰った"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/13

漫才『ナイツ』

最近はまっているのが、漫才の「ナイツ」だ。先日も沖縄に行ったときの往復の飛行機の中で「JAL名人会」にナイツの漫才があったので、同じプログラムを合計四回も聞いてしまった。笑いをこらえることができず、変な爺だと思われたのでではないかと思うくらい、可笑しい。

「ナイツのヤホーで調べました」から始まって、ボケの塙の言い間違いを、ツッコミの土屋が絶妙なタイミングで間違いを訂正するだけでなく、解説までしてしまうという掛け合いがなんともいえずおかしい。年寄りに判らない言葉も、上手く説明が入るので、おかしさが増すのだ。

浅草の寄席芸人らしい良い漫才だ。M-1グランプリで3位というのは納得できないくらいの正統派の漫才だと思う。

続きを読む "漫才『ナイツ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『春一番』のようだ

090213_1

今日は七十二候の『魚氷にあがる』。1875年(明治8年)の今日、明治政府が太政官布告「平民苗字必称義務令」を出して、国民は全員苗字を名乗ることになったので『苗字布告記念日』

朝から曇り。午後から南向きの風となり気温が急に上昇して15度を越えてきた。風も強くなってきて、どうも『春一番』のようだ。

朝から一日東京で会議。二時間以上集中するのは無理。

続きを読む "『春一番』のようだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/12

TBSテレビ『森のラブレター』

090212_1

今日は気温が15度近くまで上がって、3月末の陽気となった。

写真は、先日波崎に行ったときの風車。風が強い日だったので、風車は良く回っていた。でも不思議なことに何基か止まっている。

昨夜のTBSテレビ『森のラブレター』は非常に良い番組だった。倉本聰が塾長を務める富良野自然塾で環境問題を考える企画で、倉本塾長はやはりただ者ではない。

国分太一が富良野自然塾を訪れて、倉本塾長と竹下景子インストラクターと自然の偉大さ・地球の成り立ちを学んでいく過程が面白い。

続きを読む "TBSテレビ『森のラブレター』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/11

茨城県立自然博物館と牛久自然観察の森

090211_1

今日は『建国記念の日』。曇り空で、気温は上がらず、時折小雨がぱらつく一日。

どうも疲れが溜まっているので、朝はゆっくりして、午前中は文房具の資料の整理。

午後から、招待券を貰っていた茨城県立自然博物館で開催中の開館15周年記念特別展示『いばらきの自然を語る-博物館に集うコレクションと人びと-』を見るために出かけた。

最近手に入れたSONYのポータブルカーナビNV-U3で、一般道距離優先を選んで出発したが、途中から車が一台しか通ることができない農道を走るようになってしまった。先日も、住宅地の中の生活道路を選んでくれた。

続きを読む "茨城県立自然博物館と牛久自然観察の森"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/10

地球環境とエネルギーの調和

090210_0

天気が良く、気温も13度を越えて3月の陽気。東京は茨城よりも暖かいので、河津桜が咲き始めていた。

『地球環境とエネルギーの調和 ENEX2009』を見に東京ビックサイトに行った。いつも企業の展示を見て思うことがある。それは、省エネルギーや二酸化炭素削減に有効な機器を開発するのはすばらしいのだけれど、それをこれでもかと大量に作ってしまえば、結局資源とエネルギーを消費することになるのではないだろうか。

続きを読む "地球環境とエネルギーの調和"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/09

昆布のシャブシャブ

090210_1

今日は旧暦1月15日で満月。「半影月食」を楽しみにしていたけれど、曇り空で月は見えない。七十二候の『うぐいす鳴く』。そういえば、この辺りではまだウグイスが鳴いていない。

今晩は、昆布のシャブシャブというのを食べた。コンソメスープで、生の昆布をシャブシャブして、サッと色が茶色から緑色に変わったところで、ポン酢醤油で食べるというシンプルなものだ。

あっさりして旨いし、茎の部分がちょっと歯ごたえがあっていい。昆布は岩手県の宮古産のものということだ。他に豆腐、鱈、長ネギを入れて軽い夜食にいいかもしれない。

続きを読む "昆布のシャブシャブ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/08

古河の「麺堂 稲葉」

090208_2

昼食は、古河の「麺堂 稲葉」に行ってきた。友人の話だと、なんでも茨城県のラーメンランキング1位ということらしい。

11時半開店ということで、15分ほど前に行ったけれど、既に10人ほど店の前に並んでいた。時間になって店内に。極太麺の「つけめん」(800円)を注文してみた。

「鶏白湯」をベースに魚粉を混ぜた塩味のスープで、旨味はあるけれど、魚粉のザラザラ感が好きになれなかった。

麺は、太麺と極太麺があって、極太麺を選んだ。もっと太い麺を想像していたけれど、それほどでも無かった。太い方が麺のモチモチ感が楽しめると思う。

続きを読む "古河の「麺堂 稲葉」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛烈な風の中でバードウォッチング

090208_1

今日は「事始め」で、一年の農作業のスタートになる。それと「針供養」。

天気も良いので、友人と渡瀬方面に鳥を見にいってきた。群馬県側は平均風速12mと猛烈な風が吹いていて、畑の土埃もあって、鳥見どころではなかった。向かい風で押し戻される感じだった。瞬間には平均風速の倍くらいの風が吹いているはずだ。でも、気温が10度くらいだったので、凍えることはなかった。

二週連続で風に祟られてしまった。でも、雪をかぶった日光や赤城の山々がよく見えていて、きれいだった。

強風の中、板倉町で、コクマルガラスの綺麗な白タイプを見ることができた。普通、コクマルガラスはミヤマガラスの群に数羽混じっているのだけれど、コクマルガラスの方がミヤマガラスより多いのではないかという群だった。

続きを読む "猛烈な風の中でバードウォッチング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/07

春風に誘われて

090207_1

今日は「長野の日(オリンピックメモリアルデー)」。日中は南風が吹いていて、気温が上がらない割には、暖かな感じがした。

早起きして、珍鳥情報を確かめにいってきた。何とか見ることができたので、さっさと帰ってきた。今年は、真冬にヤツガシラが茨城県内で見られたりと、気候条件の異常があるのだろうか。

きたきつねは、バードウォッチャーなので、見るだけで写真は記念で写っていればいいということで、カメラはエントリーモデルを使っている。ところが、鳥を見に行くと1セットで軽く100万円を越えるような望遠レンズと一眼レフがずらっと並んでいる。それを見ていると、日本が不景気という感じはない。

続きを読む "春風に誘われて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/06

とりのなん子『とりぱん 6』

去年の暮れに発行になったはずの『とりぱん 6』を買いに大きな書店に行ってみた。大きな書店だけあって、コミックスのコーナーだけでも小さな本屋くらいのスペースで、探したけれど見つからない。

しかたがないので、店員を見つけて聞いたら、「コミックス担当を呼びますからお待ち下さい」といって携帯電話を取りだした。大きな書店になると、専門分化して、担当者でないとどこに何があるか判らないらしい。

担当がきて、『とりぱん』のある棚にたどり着いたけれど、『とりぱん 6 』は品切れ。結局、帰り道にあった小さな本屋で見つけて買ってきた。

『とりぱん』というのは、コミック界のなかで、野鳥を扱う非常に珍しい存在ではないだろうか。そんな本が6巻まで続いているのも面白い。

続きを読む "とりのなん子『とりぱん 6』"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

紅梅が八分咲きに

090206_1

寒さは相変わらずだけれど、何となく春?と思うような日差しになってきた。早朝、車のフロントガラスは霜が降りて真っ白になっているけれど、8時ころには完全に溶けていた。つい数日前まで、溶けずにスクレーパーで霜を取っていたのがウソのようだ。

昼休みに散歩していたら、紅梅が八分咲きになって、ミツバチが蜜を集めに来ていた。

金曜日になると一週間の疲れがドッと出てくる感じする。

続きを読む "紅梅が八分咲きに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/05

東京国立博物館で特別展「妙心寺」

090205_1

用事があったので、休暇を取って東京にでた。三河島で人事故で、柏で常磐線快速が停まってしまった。急いで各駅に乗り換え西日暮里から上野にでた。電車は、超満員で身動きが取れなかった。

それにしても列車や地下鉄の人身事故が多くて、きたきつねは相当な確率で影響を受けている感じがする。空港に行くときは遅れが心配なので、いつも早めにでることにしている。

午前中は、東京国立博物館で特別展「妙心寺」を見てきた。禅宗は他の宗派と違い実に地味で、書画が中心だった。でもなかなか興味ある書があって、もう少しちゃんと漢文や崩し字が読めるようになっておけば良かったと反省した。

続きを読む "東京国立博物館で特別展「妙心寺」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/04

土浦ラーメン 牛久店

090204_1

昼休みに友達がおすすめの『土浦ラーメン 牛久店』にいってみた。開店十周年で先着10名が半額と聞いていたけれど、駐車場の車の数と時間的に無理かなと思って店内に入った。幸運なことに10人目だった。

それではということで、チャーシュー麺(1,120円)の塩味を頼むことにした。大きなチャーシューが三枚、味卵、メンマ、わかめ、のり、ネギがトッピング。麺は中太のストレート麺。スープは骨系で、コクもありスッキリとしていて、きたきつねの好みの味だった。

続きを読む "土浦ラーメン 牛久店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茨城空港に「アシアナ航空」が乗り入れ

今日は二十四節気の『立春』、七十二候の『東風凍を解く』。偶然か、午前中は北東、午後から東南東と東向きの風が吹いていた。春が近い。

2500mの一本道で終わるかと心配していた茨城空港に韓国の航空会社「アシアナ航空」の茨城-ソウル便と茨城-釜山便が就航することになった。ソウル便は一日一便で、エアバスA320(141席)を使うらしい。年間の往復の旅客数を28000人と予測しているけれど、さてどうなることやら。

つくば市の市原市長が、定額給付金を街づくりのために寄付して欲しいと呼びかけをしたらしい。薄く広くばらないても効果は少ないので、面白い取り組みだと思う。あとは市民が納得する効果的な使い道があるかということだ。

大阪の茨木市でグーグルのストリートビューが同和地区の差別に使われている事例が出てきているらしい。インターネットの匿名掲示板にストリートビューの家の画像を貼り付けて、中傷するという非常識なことが行われていたということだ。北海道育ちの人間には理解できないことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/03

訳のわからんやつ

090203_1

今日は「節分」。家に帰ると恵方巻が用意してあった。まあお約束ということで、東北東を向いて無言で短めの太巻きを食べ終えた。そして豆まき。回収して食べることができるように殻付きのピーナッツというのも、いい加減っていうか・・・・。

訳のわからんやつと話するのは大いに疲れる。上にいわれたからと、言われたとおりのことをしなければならないというのは、新入社員だろう。50歳近くになって何も考えていないから、合理的な説明もできやしない。

18歳にもなって、女に振られてたからと、嫌がらせにピンポンダッシュして逮捕された馬鹿者もいる。

続きを読む "訳のわからんやつ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/02

『Mac Box Set』が届いた

090202_1

今日は天気が良くなったけれど、気温はそれほど上がらなかった。

1月のMacWorldで発表された『iLife'09』、『iWork'09』が入った『Mac Box Set』 が届いた。予約だったので、二つのソフトとMacOSX1.5.6がセットになって18,800円というのは非常にお得だ。

MacOSX1.5.6は、こぎつねのまだTigerだったMacBookにインストールした。こぎつねは、MacBookをiTune専用機のように使っているので、iLifeはそのままで問題がない。

続きを読む "『Mac Box Set』が届いた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「20世紀少年<第2章> 最後の希望」

090201_5

昨日からロードショーが始まった『20世紀少年<第2章> 最後の希望』を見てきた。

期待していったのだけれど、今回は大きく外れた。第1章のほうがまだまだましだった。下手すると、第3章の観客動員に影響するかもしれない。

第1章の時に書いたけれど、原作が漫画のため、あまりにもしっかりとしたカット割りがあるので、忠実にストーリーを追おうとするあまり映画がそれに引っ張られてしまっているのだ。だいたい連載漫画は、長くなればなるほど、筋が動いてしまうし、無理な設定になってくるので、実写版ではそこのところを上手く処理しなければいけないのではないだろうか。

続きを読む "映画「20世紀少年<第2章> 最後の希望」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/01

大荒れの波崎と銚子へ

090201_1

今日は 旧暦の正月七日で「人日の節句」、「七草の節句」。

昨日の嵐も去り、今日は天気も良くなったので、友人と波崎と銚子方面にカモメを探しにでかけた。

途中の利根川は波もなく静かだったけれど、海は大荒れだった。防波堤に波が当たって、越えいた。

カモメ類はいつもの堤防に集まっていなかった。銚子の第三漁港の一番奥の堤防に沢山いたけれど、こちらは遠すぎて珍しいカモを探すのはとても無理だった。

続きを読む "大荒れの波崎と銚子へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »