« 地球環境とエネルギーの調和 | トップページ | TBSテレビ『森のラブレター』 »

2009/02/11

茨城県立自然博物館と牛久自然観察の森

090211_1

今日は『建国記念の日』。曇り空で、気温は上がらず、時折小雨がぱらつく一日。

どうも疲れが溜まっているので、朝はゆっくりして、午前中は文房具の資料の整理。

午後から、招待券を貰っていた茨城県立自然博物館で開催中の開館15周年記念特別展示『いばらきの自然を語る-博物館に集うコレクションと人びと-』を見るために出かけた。

最近手に入れたSONYのポータブルカーナビNV-U3で、一般道距離優先を選んで出発したが、途中から車が一台しか通ることができない農道を走るようになってしまった。先日も、住宅地の中の生活道路を選んでくれた。

ナビ付きのレンタカーを使ったことがあるけれど、距離優先にしても市町村道や県道を選ぶのが普通のような気がしていたのでこのナビは本気で、最短距離を選んでいるらしい。帰りに一般道優先を選んでも高速道路に入るように指示が出るので、注意して走る必要がありそうだ。

090211_2

『いばらきの自然を語る』の展示は、茨城県における植物、動物、鉱物のこれまでの成果の展示、標本の意義、県内での自然史研究の成果としての出版物などの展示があって、小さな展示だけれど、面白かった。茨城県で発見された新種、天然記念物も良くまとまっていた。

いつも茨城県立自然博物館に行って感じるのは、博物館の立地として不便なところにあるのだけれど、小学生を中心に子供達が沢山来館していることで、非常に心強いことだと思う。

他の地域の博物館に行くことがあるけれど、来館者が少ないところが多いから、県立自然博物館は魅力的なのだろう。

090211_3

帰りに時間があったので、牛久自然観察の森で今日から始まった『「森のしんぶん」原画展』を見てきた。ワイルドライフアーティストの大田黒摩利さんが自然観察の森が毎月発行している「森のしんぶん」表紙を描いていて、その2007年と2008年の原画24枚と自然観察の森で繁殖しているフクロウの絵が展示されていた。

印刷では判らない細かな描写や筆遣いが良くわかる。

牛久市では、前年度の表紙の絵を4月から始まるカレンダーに使って、牛久市内の小中学校の生徒に配布しているようだ。会場で、500円以上の寄付をした人に2009年のカレンダーをプレゼントしていた。

|

« 地球環境とエネルギーの調和 | トップページ | TBSテレビ『森のラブレター』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/44032671

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県立自然博物館と牛久自然観察の森:

« 地球環境とエネルギーの調和 | トップページ | TBSテレビ『森のラブレター』 »