« 古河の「麺堂 稲葉」 | トップページ | 地球環境とエネルギーの調和 »

2009/02/09

昆布のシャブシャブ

090210_1

今日は旧暦1月15日で満月。「半影月食」を楽しみにしていたけれど、曇り空で月は見えない。七十二候の『うぐいす鳴く』。そういえば、この辺りではまだウグイスが鳴いていない。

今晩は、昆布のシャブシャブというのを食べた。コンソメスープで、生の昆布をシャブシャブして、サッと色が茶色から緑色に変わったところで、ポン酢醤油で食べるというシンプルなものだ。

あっさりして旨いし、茎の部分がちょっと歯ごたえがあっていい。昆布は岩手県の宮古産のものということだ。他に豆腐、鱈、長ネギを入れて軽い夜食にいいかもしれない。

日本漢字能力検定協会が多額の収益を上げ、その金を理事長、副理事長や親族の会社に流していたことが明らかになり、文部科学省が立ち入り検査に入った。何年も前から行われていたのだから、公益法人を監督する文部科学省がこれまで何をしていたかという方が問題だろう。

協会から理事長の経営する関連会社への業務委託が66億円にも上っているというのは異常としかいいようがない。文部科学省がこれまでも検査をして、指導をしているといっているけれど、無視される指導というのは文部科学省のいい加減な対応があったからではないだろうか。

文部科学省の役人の質が他省庁に比べて低いといわれているけれど、うなずける感じだ。

先週末に読売新聞社がおこなった世論調査で、内閣支持率が20%を切って19.7%となった。政党支持率も順調に低下している。森内閣の末期の支持率が8.6%だったから、麻生首相はまだまだ頑張ることだろう。

|

« 古河の「麺堂 稲葉」 | トップページ | 地球環境とエネルギーの調和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/44012611

この記事へのトラックバック一覧です: 昆布のシャブシャブ:

« 古河の「麺堂 稲葉」 | トップページ | 地球環境とエネルギーの調和 »