« 「大勝軒つくば店」でラーメン | トップページ | 肉を捏ねるのに手を抜いたら »

2009/03/14

実写版「ヤッターマン」

一人で行くのはちょっと恥ずかしいので、こぎつねに同伴して貰って実写版「ヤッターマン」を見てきた。

期待通りの映画で、見に行って良かった。全編、竜の子プロのアニメの世界になっていた。

深キョンのドロンジョーは本当にエロかわいい。声が可愛らしすぎるのだけが、残念だけれど、それを越えてやるね~。

生瀬勝久が女子高生好きのボヤッキーを怪演していた。アニメを越えたボヤッキーになっていた。ケンドー・コバヤシのトンズラーも

この映画は、ドロンボー一味の三人のためにあるような感じで、ヤルこと、ヤルこと、面白くて一人で盛り上がっていた。

結構金を掛けていて、それなりにセットもCGも力が入っているけれど、どうしようもない安っぽさがなんともいえない。

この映画は、実写版「ドラゴンボール」と比較されているけれど、全く問題にならないくらい、こちらの方が面白いと思う。

こぎつねによれば、今日の劇場の中で最年長のそれも爺が一番喜んでいたらしい。ちょっとだけ恥ずかしい。

|

« 「大勝軒つくば店」でラーメン | トップページ | 肉を捏ねるのに手を抜いたら »

コメント

土曜日の夜9時半からのTBSラジオの「ライムスター宇多丸のウイークエンドシャッフル」の中の無差別型映画評論コーナー「ザ・シネマハスラー」で今日は「ヤッターマン」を取り上げていた。

最初に、リスナーの感想を紹介していたが、原作の「ヤッターマン」のいい加減さを知らない世代には、あの映画の面白さがわからなかったようだ。特に嵐のファンは怒っている。

宇多丸は原作のナンセンスを良くわかっていて、「ヤッターマン」については、何時も辛口なのに珍しく好感触のようだ。気にくわないところはエンディングと、オープニングテーマソングだということだ。

あの映画のナンセンス加減は、細部に行き渡っていて、半端ではない。良く見るとテレビで放送できないかもしれない。


投稿: きたきつね | 2009/03/14 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/44337758

この記事へのトラックバック一覧です: 実写版「ヤッターマン」:

« 「大勝軒つくば店」でラーメン | トップページ | 肉を捏ねるのに手を抜いたら »