« 今日は筍御飯 | トップページ | 麦畑で »

2009/04/13

つくばにも「白いたいやき」出現

090413_3

先週の新聞に、白い鯛焼きが売れているというニュースがでていたので、ネットを調べてみた。元祖白いたいやきの「尾長屋」がつくば市松野木にお店を近日オープンするとあったので、いつだろうと思っていた。

今日、仕事を終えて自宅に帰ると、テーブルの上に噂の「白いたいやき」が乗っていた。お神様によると、松代を通りかかったらお店があったので買ってきたという。

白とヨモギの緑の鯛焼。皮にはタピオカでん粉を入れているので、焦げ目が付かずに白いままでできあがるらしい。

食べてみると、モチモチというかグニュグニュというか面白い食感だ。旨いといっていいのか、悪いのか良くわからない。でも、餡はいけている。

横にポリ袋に入ったものがあって、何でも、たいやきの縁を切り離したもので、無料でサービスで貰ってきたらしい。

この皮の方が旨い感じがした。皮の色々な食べ方を書いたレシピがついていて、みそ汁に入れるという食べ方が紹介されていたので、こんど挑戦してみよう。

土浦市神立町には以前から「尾長屋 土浦店」があったらしい。

|

« 今日は筍御飯 | トップページ | 麦畑で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/44662467

この記事へのトラックバック一覧です: つくばにも「白いたいやき」出現:

« 今日は筍御飯 | トップページ | 麦畑で »