« レビー小体型認知症も気になる | トップページ | ロシア民謡「カチューシャ」 »

2009/04/16

八重桜の花見

090416_0

今日は「大志を抱く日」らしい。ウィリアム・S・クラーク博士が1877年(明治10年)の今日、アメリカへ帰国したので、決められたらしい。

今朝の最低気温は14度と高温となっていた。朝の散歩は非常に快適だった。八重桜が咲いていて、まだ花見が続いている。

午後は、今年度初めての会議。本人は記憶にないが、食後で、睡魔との戦いに負けたかもしれない。

中国では手足口病の感染が急増していて、11万人を超したということだ。死者も50人を超えているらしい。昨年も春先に流行したらしいが今年は4倍以上の患者数となっている。それにしても、日本でも手足口病はあるけれど、死亡したという話はあまりないと思う。

中国では、手足口病での死亡例は比較的多いようで、病原は死亡例の多いエンテロウイルス71ではないか。

クラゲの発光でノーベル化学賞を受けた下村脩さんが、日本化学会で記者会見した時に「(次は)発光キノコの研究をしたい」と発言したらしいけれど、そのニュースを見て、ふと落語の「火焔太鼓」のような話みたいと思った。

|

« レビー小体型認知症も気になる | トップページ | ロシア民謡「カチューシャ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/44691465

この記事へのトラックバック一覧です: 八重桜の花見:

« レビー小体型認知症も気になる | トップページ | ロシア民謡「カチューシャ」 »