« 「KODACHROME」生産打ち切り | トップページ | 映画「スタートレック」 »

2009/06/24

一澤頒布の鞄は疎にして漏らさず

090624_1

昨日書き忘れたのだけれど、今年は閏月が入るので5月が2回続くことになる。

比較的強い雨の中を川崎へ。今日も一日缶詰。居眠りができないし、座ったままなので「エコノミー症候群になったりして」などと冗談を飛ばすこともできなかった。

往復の電車の中では、本を読む気力もなく、iPodで落語を延々と聞いていた。

昨日、最高裁で「一澤帆布工業」を巡る相続問題は、遺言書を偽物と判断し、「三男側勝訴」を言い渡した2審・大阪高裁判決が確定した。

2005年に先代会長の偽遺言書で長男信太郎氏に、社長職を追われた三男信三郎氏に「全ての職人」「取引先すべて」が付いて、「一澤信三郎帆布」を作って営業を続けてきたが、これで、ブランドが「一澤帆布」に一本化できることになった。

「天網恢々疎にして漏らさず」ということだろう。

|

« 「KODACHROME」生産打ち切り | トップページ | 映画「スタートレック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/45444011

この記事へのトラックバック一覧です: 一澤頒布の鞄は疎にして漏らさず:

« 「KODACHROME」生産打ち切り | トップページ | 映画「スタートレック」 »