« 梅雨の晴れ間に里山散歩 | トップページ | 突然の雹 »

2009/06/13

落とし文

090613_7

里山をあるいていて、オトシブミの仲間が作る小さな葉巻のような葉を巻いた「揺籃」を見つけるのは比較的簡単だ。でも、揺籃の作者のオトシブミと、揺籃を作るところはなかなか見ることができない。

今日は、エゴノキに作られた揺籃をみていたら、近くに作者のエゴツルクビオトシブミの夫婦をみつけることができた。写真を撮ったけれど、薄暗いので、ブレてしまった

090613_8

揺籃を作るのはメスで、近くに揺籃が沢山あったので、お疲れでお休み中なのかもしれない。

090613_9

オスは異様に首が長いけれど、どんな役目があるのだろうか。

|

« 梅雨の晴れ間に里山散歩 | トップページ | 突然の雹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/45330350

この記事へのトラックバック一覧です: 落とし文:

« 梅雨の晴れ間に里山散歩 | トップページ | 突然の雹 »