« アメリカは、12日からアナログ放送が完全に打ち切り | トップページ | 鳩山邦夫は西郷になれるか? »

2009/06/12

新興・途上国が一次エネルギー消費でOECD抜く

BPの調査で、2008年に新興・途上国の一次エネルギー消費量がOECD加盟30カ国を初めて追い抜いたことを明らかにしている。

景気後退を背景に先進国のエネルギー消費は減ったが、中国やインドなどで大幅に増えているという。

2008年の世界の一次エネルギーの消費量は、世界的不況の影響で前年比1.4%の微増で、先進国では1.3%減少しているから、発展途上国での増加していて、その四分の三は中国によるものとされている。

2009年の世界の石油需要については、これまで減少を予測していたIEA(国際エネルギー機関)が、需要予測を上方修正した。しかし、2008年と比較して2.9%の減少に変わりなく、景気の回復ではなく、落ち込みの緩和を意味するということらしい。

先進国が不景気でエネルギー需要は減退しても、BRICSや発展途上国の生活向上によって、エネルギー消費が増加しているから、先進国の経済が回復したら、世界のエネルギー需要はさらに増加することになるだろう。

原油の価格も上昇傾向にあるけれど、さらに価格を押し上げることになるのではないか。

この辺りのガソリン価格も、少しずつ値上がりしていて、今週も水曜日にレギュラー1リットル115円が118円になっている。その前は、113円だったから、一月位で5円の上昇となっている。

|

« アメリカは、12日からアナログ放送が完全に打ち切り | トップページ | 鳩山邦夫は西郷になれるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/45320583

この記事へのトラックバック一覧です: 新興・途上国が一次エネルギー消費でOECD抜く:

« アメリカは、12日からアナログ放送が完全に打ち切り | トップページ | 鳩山邦夫は西郷になれるか? »